【FXとは末永くお幸せに付き合おう】継続的にFXに取り組む為の工夫

書いている人:

「あれ?意外と勝てる」

FXを初めて見ると単発のトレードで何回か勝てることがあります。全トレード負けるということは少なくて、勝ったり負けたりが続くことがほとんどだと思います。

そしてほとんどの人が負ける分の方が多く、結果的にTotalで勝てていないという事になります。

人間なので誰でも勝つ回数より負ける回数の方が多くなると精神的にも資金的にもFXを続けることは難しくなってきますよね。

FXに取り組む環境は人それぞれなので「○○月は忙しいから」「チャートを見た時にはわかりやすい相場が終わってしまった」というように自分が置かれた環境上の理由を自分が勝てない理由にしてしまいがちですが、実は継続的にFXに取り組めない理由は自分のFXへの取り組み方にある場合がほとんどです。

今回は「負けてもめげるな!頑張れ!」という精神論ではなく、継続的にFXに取り組めるために日々の工夫についてお話したいと思います。

継続的にFXに取り組むコツ1:勝つ機会を失うより負ける可能性を下げる方が大切

FXを始めたのであれば稼ぎたいと考えるのは当然です。

稼ぐためにはトレードをして勝つことが必要になります。

値動きの意味を考えて勝てる手法を使う練習をしてゆけばある程度「これは勝てる」という相場を見抜く力がついてきます。そして少しずつ自分の得意パターンが見えてきます。

しかし実際には絶対勝てる得意パターンだけではなく「勝てるか微妙だけど何かいけそう」というところでエントリーしてしまいがちです。

客観的に考えれば信じられない話ですがチャートと向き合っていると「稼げるところを逃がしたくない」という感情は「損をするかもしれない」という感情を上回ってしまうことがあります。

FXは多くの人が勝てないまま終わっていく仕事です。それは多くの人が取るであろう行動をすると負けるということを意味しています。勝つためには人間の本能と異なる行動をとならければならないことになります。

そこでお勧めなのは「欲望を抑える」という闇雲な根性主義な行動ではなく、自分が望まない行動を事前に防ぐ工夫になります。

具体的にはリアルチャートを見る時間を強制的に制限することです。

本当は毎日シナリオを作ってリアルチャートの値動きを見守る、ということをした方が良いのですが、もし「リアルチャート見るとどうしてもエントリーしたくなってしまう」というのであれば先ずはリアルチャート見るのは週に3日だけ、とするというのも有りです。

エントリーしない、というと稼ぐチャンスを失う様に見えるのでネガティブに捉えられがちですが、下手なエントリーをしないことで損失を防いでいることにもなります。

初心者の内は良くない相場でも長い時間5分足をガン見してしまい、よくわからない相場で手を出してせっかく稼いだ利益を吐き出すという勿体ないことをしてしまいがちです。

先ずは稼ぎたいという気持ちは抑えてリアルチャートを見る時間を短くして負ける確率を下げましょう。そして並行して勝率を上げるべく空いた時間を過去チャートを使う等のFXの学習に充当しましょう。

継続的にFXに取り組むコツ2:根拠のない追撃をしない

初心者の内は値動きが大きく変化する起点を捉えなくても良いです。

方向性が明確になってからいつものパターンで後乗りするのは良いのですが、根っこから入りましょう。

具体例を見てみましょう。以下ポンド円5分足。

トレンドの起点である根っこから入るのが良いですが、たまたまチャートを見ておらずエントリータイミングを逃がしたとしてもいつものパターンで追撃可能です。

一方、無暗に追撃するのではなく追撃するにしてもなんでもかんでもトレンドが発生した後に飛び乗れば良いわけではなく、追撃時のルールに従う必要があります。

①明確なトレンド発生、②下降エリオット波動をカウント出来る、③下降エリオット5波終了を確認、の3点動作で根っこから入るのであれば良いですが、その後での途中乗りは避けるべきです。

ただでさえトレンドで直線的に伸びた後であることからも、上昇のエネルギーをだいぶ使っている状況下エリオットのもみ合いから再上昇でぐんぐん伸びる可能性は少ないです。

結果的には追撃の上昇で約50pipsくらい伸びてますが、図の赤矢印のエリアで追撃の途中乗りをした場合、その後のちょっとしたもみ合いでもリアルタイムチャートでは不安になってしまい良くて建値、下手するとエントリー直後に逆行してビビッて損失という結果になる可能性があります(その後やっぱり上昇したら死にたくなりますね・・・)。

明確なトレンドが発生すると取りこぼしを恐れて追撃を狙いたくなる気持ちありますが、追撃であってもルールを守って追撃の根っこを逃したらエントリーはやめましょう。

結論:継続的にFXに取り組むには自分をいかにFXに適合させていくか

FXは誰かに頼まれてやっているのではなく自分のために始めた人がほとんどでしょう。

上手くいかなくても自分以外に誰にも迷惑かからず、進捗報告の義務もありませんので出来ない理由や言い訳を考える必要なんてありません。

これって普通のサラリーマン生活と比べたらあり得ないくらい恵まれていますよね?100%自分の技術向上のために時間を使えるんですから。

FXに取り組む際の周辺環境は人それぞれです。自分にとって十分な時間が取れていると思える人は少ないと思います。誰もが100%満足な環境でトレード出来ている訳ではないです。

苦手な相場で手が出なかったり不調が続くとどうしても外に原因を見出したり、才能が無いんじゃないかと違う方向に思考を向けがちですが「勝てない理由は自分のスキル不足だ!」と腹をくくりましょう。そうすれば漫然と悩むのではなく、自分に何が足りていないのか具体的に悩むことができます。

私も学習者ですが日々出来ないことを少しずつ出来るようになっていくのは本当に充実感があります。良い悩みと共に日々成長していきましょう!

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓