FXトレードにおける自分の課題(2)〜私の焦りエントリーへの対策方法

f:id:cccchi1111:20190204122540p:plain


こんにちは。ままじです。前回の続きです。

#FX初心者#FXド素人#主婦#ワーママ#要領悪すぎィ!である私が、少ない脳みそをひねって、焦りエントリーという自分の課題への対策方法を考え、実行したトレードです。

先生の解説では「自己責任で少しだけなら」と(かなり前向きにまとめました)言われたポイントですが、焦らず待って、自分のシナリオ通りにエントリー&決済ができました!

FXトレードの課題、焦りトレードへの対策方法の概要

f:id:cccchi1111:20190203062111j:plain

焦りエントリーの要因を分析

こちらのちょっと頼りない表は、なかなか治らない「焦りエントリー」を予防するための苦肉の策です。私は、目先の勝ち負けに囚われて、環境認識を終える前に焦ってエントリーしてしまいます。

また、本当は週2~3回トレードしたいと思っているところ、ノートレードで終わってしまいそう。というときも、もうなんでもいいから入りたいという欲に負け、クリック・・・。(これを幼児性という)

因みに先生からは、常々こう指導を受けています。

目先の勝ち負けに囚われたり、幼児性を捨てられなければ、FXで安定して、永続的に利益を出し続けることが不可能となります。

このままでは私の夢が絶たれてしまう!涙。なんとかせねば!

私考案!(ダレトク)自分の行動パターン表。

なので、一旦勝ち負けを忘れ、自分の最も大きな課題(技術面の課題は別にありますヨ)に100%集中できるよう、いやでも目に付くところにその月の目標をデカデカと書きました。

1月の目標→「環境認識を終えるまでエントリーしない」。そして、実際その日はどうだったのかを「〇・×・目のマーク」で評価します。

■○・・環境認識を終えるまでエントリーしなかった。

(ノートレードでも便宜上◯にしています。)

■目のマーク・・チャートを見ている時間帯に見逃したポイントがあった。

■×・・環境認識を終える前にエントリーした。

で、どうだったのか。表の効果は・・?!

(1)1月7日・・・年始の一発目は、この表を作成するきっかけとなったトレードでした。

せっかく年末に勉強会参加者の皆様からアドバイス頂いたのにも関わらず、何をやっているんだ自分は・・涙。と猛反省。

(2)1月17日・・・シナリオ通りに動いたところでエントリーし、勝ち。この週は、チャートを見れる時間がなかなか確保できませんでしたが、この表のおかげでなんとか冷静さを保ち、焦りトレードを封印。

(3)1月24日・・・で、最後の一発。おいおいおい、×がついてるぞ、この表役立ってないじゃんか!と思うじゃないですか。ええ私も一瞬思いました。でもこのトレードのおかげで2つのことを得られました。

(1)環境認識を終える前のエントリーはロクなことがないことを骨身に染みて自分にわからせることができた。

(2)自分の実力不足で見逃したポイントがあるときの方が我慢ができなくなる。キングオブ幼児。

個々のトレード分析でぼんやりとしか見えていなかった課題が、こうもクリアに見えるのは大きな収穫でした。

私(=FXド素人・要領悪い人)は、一度にたくさんのことをやろうとしないほうがいいのかもしれない。

今までも自分のトレードにおける課題を設定して向き合ってきたつもりでしたが、ここまでただ一つのことだけを意識したのは初めてでした。

これまでのやり方(様々な課題を一度に解決しようとする方法)は、早く成長したい!早くすべての課題をクリアしたい!という思いでやっていたのですが、果たして自分は成長できているのだろうか。という不安が漠然とありました。

ところが、ポイントを一つに絞ることで、明確に自分の変化を意識することができ、日々課題をクリアできていることに対して少しずつ自信を持てるようになりました。

FXド素人で、才能も全くない、要領も悪い私ですが、今後も工夫を重ねて、一歩一歩成長していきたいと思います。