ダメトレード矯正!至高のFX勉強法・ケーススタディ、私の使い方

f:id:tom3939:20190306231822p:plain

・・・死ねばいいのにっていうくらいアホでダメなトレードを矯正するために、

FX勉強会全会員が取り組むFX勉強法・ケーススタディを使うことを思いつきました。

きっかけは、もう、言うまでもないんですが、やりましたよ、また。

先週のアゲアゲ相場。利益を伸ばす練習をしようと固い決意で臨み、

すごく粘ったつもりが、21.3pips・・・あれ?

気持ちを取り直したつもりが焦ってビビッて、遅れたり早すぎたり。

落ち込んでトレード報告もしないで週の後半ウジウジして過してましたが、

こんなことではないけない!と考えたのが、結局ケーススタディやるしかないって話でした。

FX勉強法・ケーススタディでは、勝ちトレードを使って練習する。

そういったわけで今回、ケーススタディに関する個人的な工夫について書きますが、

前提として通常のケーススタディの使い方について簡単にまとめます。

ケーススタディは4時間足、1時間足、5分足の過去チャートを使って、

環境認識とエントリーの練習を行う勉強法です。

これによってあまたの常勝トレーダーが育っている実績あるFXの勉強法で、

最初は、先生に習う正しい環境認識と、エントリーのルールを覚えるために行い、

その段階を過ぎたら、覚えたルールや考え方を、

実際のトレードの場で使えるようになるための訓練として行います。

・・・てなふうに、ケーススタディは同じケーススタディであっても、

段階によって目的が変わるんだな~と、最近ようやく理解しました(遅いっつーの)。

以下、先生のブログのケーススタディに関係するものの一部です。

ケーススタディがFXの勉強法として有効な理由等、わかりやすく説明してもらえます。

11235813213455.net

11235813213455.net

至高のFX勉強法・ケーススタディで、「エントリーしない練習」もすることにした。

f:id:tom3939:20190306220611j:plain

前段がやや長かったんですが、自分は先述したように、

FXにおけるダメな行動を矯正するためにもケーススタディを活用することにしました。

そこで、通常は勝ちトレードの反復練習を行いますが、

ケーススタディで「エントリーしない練習」もすることにしたんです(ははは)。

たとえばローソクが音もなくススッ、スススススゥウウウ~~と伸びていくあの瞬間、

セイレーンに誘われて海に入っちゃう、スケベ漁師のように入ってしまうんですよね。

そして伝説どおり溺れるんですが、こーゆー場面を思い出して、

「ううあああ、ローソクが伸びた、伸びたわ!

まって、とはいえ5pipsも伸びてないのよ!

そもそもここ、プカプカ浮いてる、めちゃくちゃ途中じゃないですかっ!

4時間にも1時間にも、入っていい水準が見当たらないのよっ!

何も、ない。何もないのよ、ここは!!!だから、入っちゃ、いか~~~ん!!」

・・・とかいうことを、一人で盛り上がってケーススタディやってみました。

・・・・あー、楽しい。

FX勉強会では勉強をするとその結果も勉強会サイトにアップします。

ま、こんな楽しいバカな台詞をアップするわけにもいかないので、

普通に考えた風の文章を作って、せっかく作ったので、

「・・・・なので、ここは入らない」という結びの勉強結果をアップしてみました。

(普通は「・・・で、エントリー。FE161.8で利確」といった結びになります)。

誰にも何もいわれなかったので、容認されたってことで、ね。

エントリーしない練習で、入れるのに見逃しがちな場所も見つけた。

この練習で、入れるのに見逃した場所も見つけました。

自分としては「上がっちゃったから、ここは入らない」と思ったところが、

実は入っていい場所だった、とか。何でだろ~と考えてみると、

フィボナチ・エクスパンションの100にもまだ届いていなかったからでした。

f:id:tom3939:20190306224345p:plain

これはありがちだな~と思ったんですよね。

FX勉強会ではトレード中は4時間足、1時間足、5分足、3枚のチャートを開きます。

そうすると、上の画像の黄緑の山の部分が、隠れちゃって見えないんです。

見えなくなるとすっかり忘れて考えから抜けてしまう・・・とゆー同じようなことを、

ついさっき、リアルのチャートでもやってしまいました・・・。

f:id:tom3939:20190306230309p:plain

何にしても勉強不足は間違いないんで、何をやっても勉強になるっていうのが、

唯一の前向きなポイントですね(棒読み)。

最後に最近、繰り返し読んで心の支えにしてる先生のブログをご紹介しときますね。

もう、がんばるしかないんで。ええ、がんばります。

www.milk-fxtrader.net