FXは環境認識ありき。家事の合間に30分で66.6pips取った話。

FXは環境認識ありき、だと最近改めて感じています。環境認識を疎かにしてチャートに向かうと、どうしても目先の動き、5分足の小さい動きに翻弄されてしまいます。

しっかり環境認識をしていれば、チャートがどんな動きをしていても怖くないんです。

今週、下抜け狙いトレードで66.6pips取りました。

その時の環境認識→シナリオ立て→待つ→エントリーの流れはこんな風でした。

環境認識&シナリオ立て

ポンド円、3月5日(火)17時(赤いバーティカルライン。なんかカッコいい)

16時頃から環境認識を始めました。

※普段は1時間足から始めることも多いです。1時間足では測れないような動きが出ているときは4時間足も見ます。さらに日足も時々見ます。途中、じっと手を見たり、遠くの山々を見たりもします。

環境認識・4時間足

まず4時間足を見ます。

f:id:potekoya:20190307102006p:plain


戻しのない強い上昇の上げた先。

買いが強いことは明らかだが、直近はやや勢いが削がれている。

日足レベルで前回下げた辺りに近づいている。

大まかにはこれくらいでしょうか。

環境認識・1時間足

次に1時間足。

f:id:potekoya:20190307102010p:plain

戻しのない強い上昇の上げた先だが、これまでの上昇の勢いが停滞し始め、横ばいになっている。

全体から見ると微々たるものだが、直近高値を超えられずに100pipsを超える下降あり。

最後?の上昇群は全部戻されて、以前上昇した値付近に張り付いている感じ。

ひとまずこのくらいで。

4時間足と1時間足の環境認識から目線を決める

状況を大まかに把握したら、各ツールを組み合わせて売りか買いかの根拠を詰めていきます。

  • 200MAの向き・位置・距離を見て大まかなトレンドの向きを把握。
  • エリオットの波が数えられそうか考える。
  • フィボナッチ・リトレースメントで戻しを測る。
  • フィボナッチ・エクスパンションでトレンドの行き着く先に目星を付ける。
  • さらにトレンドライン他、様々なツールや考え方を駆使して、売れそうか買えそうか、じっくり考えていく。

そうして、4時間足&1時間足の環境認識からこのようにまとめます。

「上昇が強い場面ではあるが、下げたら買い、を続ける季節は過ぎ去ったのではないか。寂しい気もするが、そろそろ気持ちを切り替えて売りに目を向けてもいい頃なんじゃないか。斜陽の季節。(余計)」

ちょっとセンチメンタルな気分になった所で、しっかりブレーキも掛けておきます。

「ただし、大きくは上昇の押し目であるということはしっかり頭に入れておく。下降に乗るぞ!という意気込みで向かう所では、まだ無い。」

環境認識&シナリオ立て・5分足

ここでやっと5分足を見ます。

f:id:potekoya:20190307102027p:plain

下降が強いが、下げた先でジリジリ横ばい。どちらにも行きあぐねている感じ。

上位時間足の環境認識から、いい形になれば売りたい所。

しかし、すぐ下抜けするような根拠も無いので、一旦下抜けたらその戻しからor上げようとしてやっぱり無理だったというような動きが出たら、売ってみよう。

もし、直近の下げを全否定するような上昇があれば、またシナリオを立て直して、押し目買いの方向に目線チェンジもありかなあ。

5分足でエントリーポイントを待つ

さて、環境認識が終わって、シナリオも立て、鮭ときのこ達をホイルにチマチマ包みつつ横目でチャートを監視します。

環境認識を終えた17時に、ちょうど強めの陽線が出たので、

1,上昇を試して戻されたら売れるかな

2,このままグングン上がったら考え直しかな

3.これ、上昇にも乗れたんじゃないの?

とか考えつつ、風呂掃除したり、鮭のホイル焼きを食べたり、中学生の学年末テストの答案に泣いたりしながら、いい形になるのを待ちます。

待って待って、エントリーポイントが来た!

20時ごろ、夕食の片付けも済んで、ふと見ると、おおっ!上昇を全戻ししているではないですか!

f:id:potekoya:20190307102036p:plain

お願い~このままスルッと下抜けないで~と祈りつつチャートに向かっていると、よしよし、一気に下抜けはしなさそう!

しかし、意外と上昇強い。

陽線続くなあ…。

いい形になってきたけどな~下降のFR61.8まで一気に戻しちゃったし、ちょっと怖いかも。

もう少し待ちたいな…などとモタモタしていたら、21時35分、来た!あー、待ちすぎたああ。

やや出遅れたけど、売り!

おお、グングン落ちる。おしっこ漏れそう。

この勢いなら決済目標の最大値まで取れるかも。指値入れて、無事決済。

ヒゲ先決済でややドヤってみる。

f:id:potekoya:20190307102041p:plain

はい、家事をしながら30分で66,600円(XMで1lot)です。

環境認識→シナリオ立て→待つ→エントリー

FXで勝つためには、環境認識をしっかりやって、シナリオを立てて、待つ。そしていい形になったらエントリー、これを繰り返していくしかないですね。

今回、環境認識からトレード終了までの流れを書いてみましたが、ほんの一部しか書けませんでした。実際には、とても書ききれない量の思考、打ち消し、再思考を繰り返しています。

なので、環境認識をしっかりやろうと思うと、疲れます。それがイヤになってしまった時期もありました。しかし、環境認識を疎かにして勝ってもそれは、まぐれ当たり。専業トレーダーの夢はスキップで遠ざかっていきます。

やっぱり、環境認識をしっかりやって、シナリオを立てて、待つ。そしていい形になったらエントリー。

これしか無いんだ、と心の底からわかってきたところです。