先生の「ゲリラ座談会」。FX 個人レッスン、まさにこれ、個人レッスン的な!(絶叫)

f:id:tom3939:20190327225042p:plain

先日、先生が開いた「ゲリラ座談会」に運よく参加できました。

(座談会はFX勉強会のオンラインミーティングで、最近、先生の主催の突発会があります)。

今動いているチャートを見ながら、先生に直に、話を聞くことができる。

もう、まさに、FXの個人レッスンですよ(泣)。しかもリアルタイムの。

・・・自分が何がわからないのか、ピンポイントに具体的にすごくよくわかりました。

恥ずかしいので前置きしないと書けませんが、心から感謝しています。

FX 個人レッスン① 「値動きの意味を考える」って、何を考えることよ?

今回のゲリラ座談会については、こちらのブログで先生が触れています。

11235813213455.net

座談会で「うわ~そっか~!!!!」と思ったことはたくさんありました。

なかでも最初にあげたいのが、「値動きの意味を考える」ということが何をすることかが、理解できたことです。

まさに、FX 個人レッスン・1。オープン ザ チャート、プリーズ?です。

上記のブログでも触れられていますが、これは先生が再三大事とおっしゃっていることです。

もう何度も聞いているので私も心に刻んでるんですよ、もちろん。

「値動きの意味を考えるのが大事なんだよな~」って。

でもね、先生とやり取りしていたら、すごいことに気づきました。

自分、チャートを見ながら「値動きの意味を考えるんだ」って考えてました。

・・・いやそれ、何にも考えてないからっ!(総力つっこみ)

そうですよ、何も、考えてなかったんですよ!!バカだ、間違いなく、自分バカだ!。

ごめんなさい、自分、そこからでした。

それを気づいたときのチャートが下です。

このチャートに関するやり取りが、まさにFX 個人レッスンの中身になっとります。

FX 個人レッスン② 「この辺から上がるのかな~」という感覚の話ではない!

f:id:tom3939:20190327204349p:plain

チャートは5分足です。

私が質問したのが、「“この辺様子が変わって”のあたりから、そろそろ上昇すると思っていいんですか?」です。

(こんなに整理した言い方ではなかったですが、要はそういう質問をしました)。

  • 先生・それは・・・エリオット、数えればいいじゃないですか。
  • 自分・えーと、5波まで数えて5波終わってるから上昇するってことですか?

f:id:tom3939:20190327205129p:plain

  • 自分:(チャートにこんな感じで書く)。
  • 先生:というか、下降が強いときはエリオットはどうなりますか?
  • 自分:3波とか5波がもっと長くなります(即答!)。
  • 先生:そうですよね(といって先生がヤジルシを書く)。

f:id:tom3939:20190327210943p:plain

  • 先生:下降が強いときは3波がもっと伸びます。それが伸びないということは・・・?。

ここで一堂、異口同音に「あ~~~~!そっか~!」。

何が瞬間で腑に落ちたかと説明しますと・・・。

  • 下降が強ければ3波がもっと伸びる。それが伸びないということは下降が強くない。
  • だからエリオットが5波で止まる。
  • 止まったから上昇する。

この内容が「3波が伸びない」という事実から読み取れる。

その結果「この辺で買いで入れる!」ということになります。

で、これらの内容が、この場面での「値動きの意味」ということになります。

つまり先生が「値動きの意味を考えなさい」とおっしゃっているのは、こういうことを考えることなんですね。

もちろんエリオットを数えるってことはしていたんですよ、これまでも。

でも数えて、数えただけ。それで終わっていました。その意味を考察するってのが抜けていたんです。

これはもう、かなり衝撃的な気づきでした。やれやれ~(^^;。

FX 個人レッスン③ 理解がすごく曖昧で、全く理詰めに考えられていない!

上記以外にも質問しましたが、私が質問していると先生に「曖昧ですね~」と笑われた?呆れられました。

先生:そういう感覚ではなくて、結構理詰めで考えているんですよ。

そうなんです。質問の内容って、自分の理解が端的に出ます。

明快に質問できないということは、明快に考えていないということです。

自分、勉強しているつもりが、何一つ明快に質問できるような事柄がないですね~。いや~、まいった!

これもレッスンという意味では、大きなレッスンでしたよ。

しかも、自分に合わせて考える道筋まで教えてもらえたっていう・・・。

こういったわけで「FX 個人レッスン」とは銘打っていなくても、この座談会はまさに個人レッスンだと思ったわけです。

ただ、座談会のほかの参加者の皆様には、この場を借りて心からお詫びします。

わたしがあやふやな質問をしている間も皆さんじっと待ってくださいました。

貴重な時間を本当にすみません。そしてありがとうございました。

それから辛抱強く質問を聞いてくださった先生、ありがとうございました。

・・・・・。

今、自分、周囲の皆さんへの感謝で心が満たされています・・・(笑)。

なんか、本当に、すみません。

あとこの座談会では他にもいろいろ学びましたので、次回もこのネタを続けます!

自主練習・・・FE161.8、FR61.8、FR38.2のどれかでとにかく入ろう!

とりあえず座談会をふまえて行ったトレードを最後にご紹介します。

いわば、レッスン後の自主練習ですね。

f:id:tom3939:20190327215830p:plain

ここでは何をしようとしたのかといいますと・・・。

黄緑の上昇のFR61.8と黄緑からの下降のFE161.8がだいたい同じ位置でした。

上昇の押目がこの水準で止まると考えまして、そこで入るのを狙ったんですが・・。

最初にFE161.8に到達したときは見ていなくて、①のあたりで見たんです。

「もしかしてもう上に抜けちゃうのかも・・?」と不安がむくむく。

結果、余計なところで余計な入りをしたのが①。

②で追加で入って伸びたところで利確したというトレードでした。

本当に、課題だらけだな~(>_<)。

実は、自主練習に関しても先生からとてもよいアドバイスをいただきました。

ただそのアドバイスを練習にうまく反映できてないので、そのへんも含めて次回にまとめますね。