FXチャートの分析が少し上達したと思えるトレードができた件

f:id:tatepchan0117:20190403121635p:plain

先週はいろいろと多忙で、たったの1回しかトレードできませんでした。

しかしその1回のFXトレードで1週間の目標近くを一撃で取ることができました。

今まではチャート分析をごちゃごちゃと複雑に考えてわけがわからなくなる事が多々ありましたが、最近はチャート分析の見方がよりシンプルになってきたように思えます。

今回は各時間足チャートを分析しながらそのトレードを振り返ってみます。

FXポンド円4時間足チャートの分析

f:id:tatepchan0117:20190403120834p:plain

年初以来、上昇トレンドラインや200MAに沿って上昇を続けていました。

しかし①で前回高値を更新することができず、逆に強い下降が発生します。

その下げで②の上昇トレンドラインが破られ、200MAも突き抜けて③の前回安値まで下げて止まりました。

その後200MA付近での激しいもみ合いが始まりました。

下手な手出しはできません。

高値も安値も更新できないということはレンジ相場と考えられ、かつ現状はレンジの下、かつ200MAもあって上昇トレンドも継続中と考えられます。

もみ合いから下げていかないこともあり、4時間足チャートの分析では買いのみを考えました。

FXポンド円1時間足チャートの分析

f:id:tatepchan0117:20190403120858p:plain

強い下降後のもみ合いです。

戻しを測るため、下降起点から安値までFRを当てます。

すると、もみ合いがFR38.2付近で何度も止められています。

「ああこれは下にブレイクしていくかも。だったら様子見だな。」と最初は考えていました。

ところがいつまでたっても下げていきません。

それどころか明確に安値を切り上げてきます。

「これは戻しがありそうだ。少なくとも半分か、もしくはFR61.8や200MA辺りまで戻すかも。」と考えました。

よって1時間足チャートの分析では下降の戻しをねらう判断をしました。

FXポンド円5分足チャートの分析

f:id:tatepchan0117:20190403120918p:plain

そして5分足チャートの分析です。

直近は強い上昇があり、1hFR38.2で押し戻されましたが、直近高値を更新しました。

それに加えて、下側トレンドラインと200MAで明確に反発しています。

「これはもう下げない、いける」と考え、上に行きそうな陽線を確認して押し目買いをしました。

目標は直近の山と谷のFE161.8付近に設定しました。

そして上昇後にもう一回下げてきたら、さらに押し目買いを狙おうと考えていました。

今回のFXトレード、結果とその後

f:id:tatepchan0117:20190403120938p:plain

買った後に伸びたと思いきや一瞬下げたのでドキッとしましたが、下側トレンドラインと200MAに反発して上昇を始めました。

FR38.2の上で少しもみ合いましたが、上へ上へという動きだったので我慢、その後は一気に目標まで到達しました。

その時「100pips欲しいな~、おい~、もう少し粘れよ~」と幻聴が聞こえてきましたが、一旦押し戻すと予想していたこともあり、幻聴を振り切ってさっさと手動決済しました。

結局その時戻しは発生せず、放っておけば100pips取れましたが、そんな事を気にしても何もいい事がありません。

むしろ少ないチャンスをつかめた事に感謝して、いい気分で終わるべきです。

f:id:tatepchan0117:20190403121004p:plain

さいごに

先日、子供たちが「ワンパンマン」というアニメを夢中で見ていたので一緒に見てみましたが、とても楽しめました。

主人公のサイタマはトボケたキャラですが、どんな強敵をも「ワンパンチ」で倒してしまう最強のヒーローです。

先週は今回のワントレードしかできませんでしたが、週間目標である100pips近くを「ワンパンチ」で取ることができました。

自分はもう40を過ぎ、かつ小さな子供もいるため、連日長時間におよぶチャート監視は厳しいものがあります。

よって今後はFXでより良いチャート分析ができるように練習を重ねて、たとえ少ない監視時間でも、必殺の「ワンパンチ」FXトレードを繰り出せるように努力を継続していきたいです。

おわり