FX 勉強するなら先生・先輩から学ぶがベスト

f:id:nyantaaa:20190608122814p:plain


相場の動きは似ている挙動を示すときが多々あります。

むしろ、似たような挙動を示すときにこそエントリーすべきであり、どこかに似ていると思えない場所ではエントリーせずに傍観者に徹するべきです。(自分に言い聞かせ・・・)

今週の相場を見ていて、むむむ!川平慈英ばりにこれは勉強会で先輩FXトレーダーのhmさんが自分はこうやってエントリーしていたよという形と似ているではないか!と思ったわけです。

(ヒゲが毛に見えるのでこの形をヅラ型と命名していました。ナンデャネェン!!∑ヾ(o`д´o)ノ笑)

今週の問題場面に関して

今週の問題の場面がこちら(直近相場がわかるように15分足で)

f:id:nyantaaa:20190608123349p:plain

何やら下げていかないような形をし始めました。

では、ヅラ型ってどんなんなん?

 勉強会で先輩トレーダーから学んだ場面が下記(2019年3月3日頃)

f:id:nyantaaa:20190608125426p:plain

どちらの場面も上位足は下げ相場、だけど上昇が何となく強い気がする。下げてこない。

下に行きたいという意思がまったくもって感じられない相場になっています。

もちろん、前回3月のほうが、ヒゲが少なくて時間もかかっていて、きれいな波を付け始めていて・・・と言ったらきりがないほど前回の形の方がきれいです。

 

細かいことは置いといて3月の相場でフィボナッチリトレースメント(FR)・フィボナッチエクスパンション(FE)を使ってみると

f:id:nyantaaa:20190608123355p:plain

あら不思議、きれいにFR61.8、FE161.8が効いているのがわかります。

(3月の相場の場合、厳密にいうと、上位足だとFRの位置が異なります。)

じゃ、今回の相場でもヅラ型を試してみる

今回の相場(朝の時点)でFR・FEを使ってみると、おもしろいほどに近くにあるのがわかりました。

f:id:nyantaaa:20190608123359p:plain

勉強会の師曰く

「洗濯機を買いたいと思ったら、わざわざ高いときに買わないでしょ?割引で安くなってるときに買うでしょ?なんでFXでもそうしないの?」

 

ということで、朝の値から下げて割引されるまで待ち伏せ作戦です。

137.10にアラームを設定して、アラームが鳴ったばかりの時は下げている途中なのでその30分後くらいに1回チェック、さらに15分後くらいにチェックして下げませんよーって形を確認してエントリーしました。それで、20pipsをゲットです。

f:id:nyantaaa:20190608123405p:plain

正直、前回のような急上昇を想像していましたが、前回のほうが珍しいわけで、堅実に20pipsに初回来た時点で利確のほうがよかったかなと思いました。

現在の相場自体がこれでもか!ってくらいの下げ相場なので。

 

そういった意味では、前回と今回との違いは下げの大きさや強さが違うので、途中で下げてくることも想定しておくべきでした。

 

反省点も多々あるトレードでしたが、先生や先輩からFXを勉強して得た知識や考え方が存分に活かせたトレードができたかなと思いました。

ヅラ型の特徴はどんなんか

さて、せっかくなのでヅラ型について検討してみました。直近数年を15分足でパラーッとみてみると、今回のようなきれいなヅラ型は意外と少ない印象でした。

  • 一回は上を試しに行くことが多い。
  • ただ、そのあとは下げていくこともある。(上位足の流れが大事)
  • あんまり下げないパターンも多い。
  • 相場転換時にみられることもある。

大まかにはこんな感じが多いかなと思いました。

 

今週は色々と実りある相場に出会えました。FXの勉強をするなら、自分で考えるよりも先生や先輩トレーダーの考えを学ぶ方が確実かつ手っ取り早いと改めて感じました。

来週も相場がどう動きたいかをイメージして精進していきます。