fx 高勝率 手法 台形横横

f:id:nyantaaa:20190714020956p:plain

自分が勉強会に入るまでは大まかに、何となくでエントリーというところが多かったです。エントリー時の不安も今より強かったですし、ストレスは今よりも何十倍もかかっていました。

今になって思いますが、明らかに勉強会入会後の方がエントリー時の気持ちが楽になりました。

自分の好きな形、好きなエントリーポイントを待ちかまえて「よし来た!」「待ってました!」という急ぎのない、余裕のあるエントリーができるようになってきたのもあるかもしれません。

さて、今回はチャートの形を見てエントリーしたくなる部分をご紹介したいと思います。

自分の好きなチャートパターン
上昇、下降と2パターンを紹介します

高確率 手法 その①

<上昇>
下降相場からの上昇転換点にみられることがままある形になります。
上昇→横横→下降→横横→上昇

横横の部分はわかりやすく黄色のレクタングルで示すようにしました。

この形をエリオットで例えるなら、
1波目:最初の上昇→横横
2波目:下降→横横
3波目:上昇
この時の上昇を狙います。

f:id:nyantaaa:20190714020951p:plain

この後の動きがどうなるかは相場次第ですが、大抵は4波目、5波目もあります。

ここで注目なのは横横2波目の位置はFR(フィボナッチリトレースメント)で38.2-61.8の間になることが多いです。

高確率 手法 その②

<下降>
トレンドフォロー型になります。
相場転換でなく、トレンドラインにぶつかってトレンドフォローになる場合形で動く場合を見てみます。
1波目:最初の下降→横横
2波目:上昇→横横
3波目:下降

f:id:nyantaaa:20190714020947p:plain

トレンドラインにぶつかるように動いてから、トレンドフォローのように動いています。

高確率 手法 まとめ

どこまで四角の形の範囲を許容するかにはなりますが、自分の中のイメージは下記になります
① ある程度の1波目が出ること
② 1波目と2波目の横の時間・幅はある程度一緒
③ 2波目の位置はFR38.2-61.8
④ 4波目は結構強めなことがあるため、3波目決済は早めにするのも考慮
⑤ 5波目も狙えることが多い

【今週の雑談】


今週は中学生と一緒に登山をしました。
登山中にずっっと歌っていた中学生の元気・活力に圧巻されてきました。

ホントウにハンパネー