FX エントリーチャンス!何に注意する?

f:id:nyantaaa:20190727061838p:plain


このところ勢いのない相場が続いています。

もう少し伸びてほしいところで、伸びない感じ。かゆいところに手が届かない感じ。

こういうところで地道に勝っていくのが重要なんだろうなと思う相場です。

さて、今回はエントリーするときに何に注意すべきかについて考えてみようかと思います。

エントリーチャンス 選んでください


まず、次のチャートをみて
自分だったらここでエントリーするなーってところはありますか?

そんなところがあるかを選んでみてください。

上昇相場で上げてきたところです。

f:id:nyantaaa:20190727061608p:plain

チックタック
チックタク
チクタック
チクタク
エントリーしようかなーと思った方、どうしてエントリーできるでしょうか。
再度考えてみてください。
このチャート1枚で自分の資金をリスクにさらせるのかを再度考えてみてください。
そもそも、このチャートは5分足のみです。

エントリーチャンス 5分足トレード


5分足だけでトレードを行っている場合は非常に危険です。
勉強会では推奨されていない、ごみ拾いスキャルピングを徹底的にやると決めているならそれはそれで良いですが、デイトレードを行うのであれば、短期足のみでのトレードの場合は方向感が決まらず、下げたら売り、上げたら買いになります。
そのようなときはトントンで終わればよいですが、どちらも負けて大損する可能性を秘めています。

エントリーチャンス 上位足の優位性

 5分足12本で1時間足1本分です。単に集約すれば同じかといわれると違う部分もありますが、1時間足1本の価値というのが5分足12本分かそれ以上の価値があるということです。

そもそも、優位性は上位足、下位足の順になります。
上位足のほうが時間をかけて形成されているロウソク足になるので、その確定位置やヒゲの長さの価値が明らかに下位足に比べてあります。

そのため、上位足の流れを覆すには上位足での流れを変える根拠が必要になります。
『上位足での根拠』というのは『下位足の横軸が長くなった根拠』となります。
このことが非常に重要だと自分は思っています。
上位足が上に行きますよ!って合図を出した時は、上位足で根拠が否定されるまでは安易に逆張りするのは危険です。上位足が上に行くと決めただけの横軸(時間)をかけて否定しにかかることが多いからです。
長い物には巻かれろという言葉がありますが、正にその通りです。長いものには巻かれて、長いものの方向にトレードする方が明らかに値は伸びます。
この横軸の概念があれば、上位足でギンギンに下げている勢いのあるところで逆張りして買うということがなくなります。

パイナップルはどこでもおいしいです。頭の部分は薄い黄色で甘さ控えめで少しすっぱいですが、おいしいです。

さらにおいしいのはお尻の部分になります。飴色で甘くておいしいです。

・葉っぱの部分がエントリー禁止部分。

・頭の部分が下位足根拠のみのエントリー

・お尻の部分が下位足と上位足の根拠が重なる部分

という感じでしょうか。相場でおいしいところはいっぱいあります。でも、おいしそうに見えて腐りかけの部分もあります。

どこがしっかり見極めてエントリーしていくのが大切なのかなと思っています。

エントリーチャンス まとめ

上位足を見て勢いがなければ逆張りの選択肢の1つだけど、勢いがなくなっていないのにエントリーするのは自殺行為だと思います。

少なくとも下位足で反転しますよーの合図がでていない場合で、エントリーしようかなとかすめる気持ちがあるのであれば、厳しい言い方になりますが検証の時間が根本的に足りない気がします。

チャンスをチャンスとして確信できて、ピンチをピンチと認識できるまでは検証を続けるべきかなと思います。

〈今週の雑談〉

今週は仕事場の仲間とビアガーデンで飲んできました。外で飲むのもたまにはありです。