FXでは移動平均線を参考にして売り買いできる。下降トレンドなので売りました

ポンド円、7月中はずっと下降が続いていましたね。

当然売るのに有利なところをで売りを狙っていきたいですよね。

先週先々週、ずっと同じようなことをブログで書いてきました。

7/22も売りでエントリーできる絶好の場面があり、たまたまチャートを見ることが出来ていたのでラッキーでした。

どのようなところを見て売りに適していたのか、詳細を解説していきます。

下降トレンドだから順張りでの売り

f:id:norihiro33:20190728185406p:plain4hチャートを見ると明らかに下降トレンド。

いいところまで戻して来たら(上昇してきたら)売りを狙いたいところです。

どこまで戻して来たところで売るのが適切なのか?時間軸を一つ落として1hチャートを見てみましょう。

f:id:norihiro33:20190728192557p:plain下降してきて戻して来たところ。

ローソク足だけでは見えてくるものがあまりないですがここに200MA(単純移動平均)を表示するとこうなります。

f:id:norihiro33:20190728193536p:plain 200MAに当たるところです。

しかも直前の動きでも何回か200MAのところで止まり下がる動きをしています。

f:id:norihiro33:20190804131006p:plainこれはまた200MAが意識されて下降していくのではないか?と思うところです。

当然「売り」の考えが頭の中でいっぱいになりました。

もう一つ時間軸を下げてチャートを見て売りのタイミングを計ります。

5分チャートを見るとエントリーチャンス

f:id:norihiro33:20190804133925p:plain勢いよく上昇していますが参考までに引いたFE161.8を上抜けているところです。

上の方まで上昇したところでよくチャートを見てみると3回止められているように見えます。

f:id:norihiro33:20190804134543p:plain3回止められて下に行くところで売りました。

エントリーから利確まで15分くらい。

約20pips取ってお終いにしました。

ここでのエントリータイミングは逃した

実際にエントリーはしていませんがここでもエントリーできましたね。

f:id:norihiro33:20190804135633p:plain

下降トレンドで戻してきているところ。

当然売りを考えていきたいところですね。

1hチャートを見てみます。

f:id:norihiro33:20190804140117p:plain下降トレンドですが勢いよく戻してきているところです。

売るのはどうだろうか?と一瞬迷ってしましますがトレンドラインを引くと売っていいところと解ってきます。

f:id:norihiro33:20190804140615p:plain二つのトレンドラインを引くとちょうど交差するところです。

直前の上昇の勢いが強いですがこの二つのトレンドラインで売りの根拠が高まります。

ここで5分チャートを見てみます。

f:id:norihiro33:20190804141921p:plain勢いよく上昇していますがFE161.8付近まで上昇したところで勢いよく下がっています。

戻して来たところで売りはありですね。

その後のチャートを見るとズルズルと落ちていっています。

f:id:norihiro33:20190804142404p:plain