FX エリオット 波の形に関して

f:id:nyantaaa:20190811031048p:plain

先週の相場は相変わらず下げてきますね。

ここまでくるとどこまででも下げていきそうな相場に見えてきます。

そう簡単には反転しなさそうですが、先週の火曜みたいに急にバイーンと行くときもありそうなので注意していきたいです。損切はしっかりと。

エリオット 波のイメージ 1

今回は自分のなかの波のイメージについて

波のイメージが自分の中にはあります。

緩急が適度な波打つもの(3つ)

f:id:nyantaaa:20190811031039p:plain

緩急がきつくて直線(2つ)

 

f:id:nyantaaa:20190811031043p:plain

感覚的なところになりますが、上昇相場・下降相場に関してはおおまかに2パターンがありそうかなと思います。

急に動くか、緩やかに動くか。押し、戻しがあるか。押し、戻しがないか。横ばいか。

自分のなかのイメージはそんな感じです。

もちろん、方向感がないような場合もありますし、波の形がきれいでない場合もあります。一概には絶対これだ、これに当てはまるというわけではないです。

 

エリオット 波のイメージ 2

さらに掘り下げてみます。

波がきれいな場合は相場全体がその波の形成を意識しているということになります。

波が『きれい』ってどういうことか。考えてみます。

チャートにおける縦軸はポンド円の価格になります。

横軸は時間になります。

波を打つときにいわゆる『きれい』になるためには、どうなればきれいに見えるか。

縦横の幅がぴったりでなくともある程度は間隔が合う必要性があります。価格の幅と時間の幅がある程度あっている必要があります。

どちらかがあまりにもずれる場合は何かが違うため、相場環境の認識を再考する必要があります。

自分の中の感覚的な部分を書いてみました。

次週に続く

【今週の雑談】

知り合いから譲って頂いたチケットで、絢香のディナーショーに行ってきました。ディナーショーは初めてなので少し緊張しましたが、素敵な時間でした。

数年前からギターもかじり始めてる自分としてはDr. capital & 古川昌義がバックで、ギターの音も素敵でした。