FXでエントリータイミングがわからないならコレでOK~パート1:ツール分析複合編~

f:id:rokugenmm:20190831115015j:plain

ネット上ではFXのありとあらゆる手法が公開されています。

中には先生がYoutubeで公開している情報のように本当に勝てる手法も存在します。

ただ、実際に自分でチャート分析してやってみても、全く勝てないという人がほとんどです。

実は、エントリータイミングがよくわからないだけでFX勝てない病にかかっているだけかもしれません。

FXでエントリータイミングが重要な理由

当たり前ですが、エントリータイミングがわからないのはFXを続けていく上でかなりマズイです。

エントリーした後に思っていた方向に伸びていくのが理想的です。

こんな感じで損切りしまくった経験がある人も多いんじゃないでしょうか。

f:id:rokugenmm:20190831022630j:plain

手法は合っていて、環境認識も最初は合っていたのにエントリータイミングがわからないだけで、こんな事になってしまいます。

環境認識がしっかりできていて勝ちトレードを重ねていけば、エントリー後に含み損が多少増えても冷静に見守れます。

勝ちトレードを重ねる為にもエントリータイミングはバッチリのところを狙っていく事で、必要のない損切りも減らす事ができます。

エントリータイミングがわかるFXの分析ツール

まずはFXをする上でかかせない分析ツール・手法でエントリータイミングがわかるもののおさらいです。

エリオット波動や5波数える

下降トレンドで売っていきたいなら、5分足上昇のエリオット5波終了で売る。

f:id:rokugenmm:20190831095604j:plain

全てがエリオットで波を形成するわけではないので、5波ができたところでトレンド反転と捉えて売りを考えていったりもします。

または上昇トレンド中のエリオット4波や波が4つ終了したところで5波を狙って買う。

f:id:rokugenmm:20190831110640j:plain

例としてあげましたが、ローソク足は綺麗な線を描くわけではなくギザギザしているので、判断に迷う事があると思います。

フィボナッチリトレースメント

最安(高)値から最高(安)値まで引き、38.2または61.8といった意味のある値で値動きを見てエントリーを行う。

f:id:rokugenmm:20190831112452j:plain

かなり使えるフィボナッチリトレースメントの値なのですが、使いこなせそうでしょうか?

これも明確な値がわかったとしてもバッチリのタイミングでエントリーできるかというと難しいと思います。

フィボナッチエクスパンション

チャートの最高(安)値を起点に使い、161.8などの意味のある値で値動きを見てエントリーしていく。

f:id:rokugenmm:20190426052138j:plain

過去にフィボナッチエクスパンションについて記事を書きました。

www.fx-fibotrade.net

コレはこれで使えるのですが、100%短時間で勝てる鉄板エントリーというわけではありません。

勝率をあげるにはエントリータイミングをきちんと見極めていく必要があります。

分析ツールや手法を複合的に使ってエントリータイミングをはかる

これは当然常に必要な考え方になります。

このように複合的に使う事で、ある程度はエントリータイミングがはっきりしてきます。

f:id:rokugenmm:20190831113820j:plain

FXの分析ツールや手法は縦軸に意識が向きやすい

FXの分析ツールは縦軸を図るツールがほとんどです。

また値動きのレンジやエリオットも形でみていくだけですし、基本値動きはジグザグした動きになるので、エントリータイミングがわからない事が多いと思います。

ですので、本来は時間軸である横軸も意識したトレードを心がければ、エントリータイミングの精度があがっていく事になります。

少し長くなりましたので、時間軸の横軸を分析に取り入れていく考え方は次回パート2の記事でまとめていきます。