FXで一日30pips取るのって結構簡単な話

ポンド円、先週の相場は下降トレンドから上昇に切り替わるようなところだったので難しいと感じる方も多くいたのではないでしょうか?

しかし先週の記事でも書いた通り複数ツールを使い相場を複合的に分析すれば見えてくるものがあります。

先週8/22(木)も相場を複合的に見て分析して買いでエントリーしてサクッと30pipsほど取りました。

このエントリー時にどのように相場を見ていたのか解説していきます。

FXでは順張りが鉄板。ここでの買いは順張り?

f:id:norihiro33:20190825120158j:plainエントリー時のポンド円4hチャート。

ここで買いでエントリーして30pips取ったんですけどこれだけ見るとここで買い?とおもうチャートですよね。

明らかに下降トレンドで戻してきているところなので売るところなのではないか?と判断すると思います。

しかし先々週の記事で書いたように現在4hチャートをこのように分析しています。

f:id:norihiro33:20190825120759p:plain

f:id:norihiro33:20190825120821p:plainFE(フィボナッチエクスパンション)を使うとかなり下の方まで下げているのが解ります。

そしてエントリー時の1hチャートを見るとこんなところです。

f:id:norihiro33:20190825124758j:plain 下降トレンドで戻してきているところですがなかなか下がって行かないですね。

ここに先週の記事でも書いたように200MAを表示してみましょう。

f:id:norihiro33:20190825125055j:plain下降トレンドの戻しのところでしたが200MAを上抜けています。

しかも200MAが右肩下がりから右肩上がりになってきています。

もう一つ、先週も使ったツール、トレンドラインを引くとこうなります。

f:id:norihiro33:20190825125425j:plainトレンドラインが当たるところですね。

ここまでのチャートの見方から「買いでもいける」と判断しました。

後は5分チャートでタイミングを見ていいところでエントリーするだけです。

エントリーチャンスは見逃さない

f:id:norihiro33:20190825125955j:plain5分チャートを見ると戻しの勢いが強いが下降トレンド。

1hチャートでトレンドラインを引いたところでも勢いのある戻しが発生しました。

その後の動きをよく見るとある法則の動きをしています。

f:id:norihiro33:20190825130755j:plainエリオット下降5波の形で下がってきています。

そこから勢いのある陽線が出たので買いでエントリーしました。

10分弱で30pips取りました。

その後の5分チャートを見るとこのようになっています。

f:id:norihiro33:20190825131206j:plain凄いですね、この上昇。

エントリーしたところに間違いはなかったということです。

ちなみにこの上昇分を全部取れていれば150pips以上は取れていることになるのですが僕は20~30pips取れれば十分な人なので。

(いずれはこの上昇分、全部を取れるよう技術を身に付けるため日々勉強中です)