順張りでのFX王道トレード

ポンド円8/29(木)で絶好の買いのエントリーポイントがありました。

4hチャートを見ると下降トレンド。

f:id:norihiro33:20190901094751j:plain王道のトレードスタイルなら順張りでの売りを狙うところですが、4hチャートの環境認識を行い1hチャートを分析したところ買いが有利と判断しました。

実際にチャートを見ていてエントリーチャンスがあったので5分チャートでタイミングを計り20pipsほど取りました。

4hチャートでどのように環境認識をして買いもありと判断したのか?また1hチャートをどのように分析して買いが有利と判断したのか?解説していきます。

FXでは環境認識が大事

先ほどの4hチャートを見るだけだと戻しからの売りを狙うのが王道のトレードスタイルですよね。

f:id:norihiro33:20190901094751j:plainしかしこのチャートにFE(フィボナッチエクスパンション)を使うとこんなに下がっているのが解ります。

f:id:norihiro33:20190901100200j:plainFE261.8%を下抜け下げています。

そろそろ大きな戻しがあってもいいのではないか?とりあえずFR(フィボナッチリトレースメント)38.2%までの戻しぐらいは発生する可能性はありそう、と思ってもいいところです。

f:id:norihiro33:20190901100521j:plain4hでの大まかな環境認識ではそろそろ大きな戻しが発生してもおかしくはないと判断しました。

4hレベルでの大きな戻しなので1h、5分チャートに当てはめると結構な上昇です。

これを踏まえて1hチャートを分析します。

1hチャートを見ると買いをすることが順張り

f:id:norihiro33:20190901101336j:plain1hチャートを見ると上昇トレンド後の調整の動き。

ここに先週と同じくトレンドラインを引くとこうなります。

f:id:norihiro33:20190901102046j:plain効いているのが解りますね。

上昇トレンドで効いているトレンドラインのところまで下げてきた。

ということは買ってもいいと思うところですよね。

まとめるとこうなります。

  • 4hチャートを見ると下降トレンドだが下げに下げているところ。そろそろ大きな戻しが発生してもおかしくない、FR(フィボナッチリトレースメント)38.2%までの戻しはあるかもと思うところ。
  • 1hチャートを見ると上昇トレンドの調整の動きのところ。バッチリ効いているトレンドラインが引けてそのトレンドラインまで戻して来たところ。

1hチャートを上では順張りでの買いが狙えるところ。

5分の動きを見てエントリータイミングを計りたいと思います。

5分チャートを見ると絶好のエントリーポイントがある

f:id:norihiro33:20190901103453j:plain5分チャートを見ると大きく下げた後、大きな戻しが発生して(上昇して)再下降しているところ。

この再下降しているところを細かく波の数を数えてツールを使い複合的に見ていくと絶好の買いのポイントがあります。

f:id:norihiro33:20190901104017j:plainまず、大前提として4h、1hチャートを分析して買いを狙っているところです。

5分チャートを見ると大きく下降するも大きく戻しました(上昇しました)。

再下降していますが勢いよく下がって行かずにエリオット下降5波の形で下がりFR61.8%のところまで来て上に行き戻して来て再上昇していくところで買いました。

直前高値付近で利確して20pipsぐらい取りました。

先週の記事と同じくこれも良いトレードでした。