FXはコツコツ稼げばいい!ドカンと負けてもOKの理由

f:id:rokugenmm:20190915103949j:plain

世間一般ではコツコツドカンは悪いイメージですよね。

ただし、FX学習者にとってコツコツドカンは必ずしも悪いことじゃないんです。

目の前の勝ちにこだわらず、しっかりとした実力をつけていくためにコツコツドカンほどわかりやすい学習法はないです。

FXで勝てるようになってきたことで理解できたコツコツドカンでOKの理由を公開しちゃいます。

FXでコツコツドカンでOKにする前提条件

コツコツ稼いでドカンと負けてOKと言っても、トータルで勝っていればOKという意味です。

それを実現するためにはいくつかの前提条件があります。

順張りでエントリーを行う

王道ではありますが順張りエントリーが前提条件の一つになります。

FX学習者は今現在の自分の実力を知る必要がありますが、そのためには仮説検証をたてていく必要があります。

なので、シンプルな繰り返しの先に結果を見出していく事になります。

まずは軸として順張りエントリーのみで逆張りは狙いません。

売ったり買ったり目線がブレるのはNGです。

しっかり環境認識を行って順張りをひたすら狙っていきます。

損切りは直近最安(高)値

シンプルな前提条件は掛け合わせるとさらに仮説検証の役に立ちます。

順張り+損切りは直近最安(高)値と、これが勝率が高くなり自分の実力を図れる第一歩になります。

環境認識ができており、順張りでしっかりエントリーができていれば、トレンド転換するまでは勝ち続けるって寸法です。

上手くないのにカッコつけて浅い損切りなんかしようものなら負けまくりですよ。

だから損切りは深くしておく事が必要条件です。

FXでコツコツ稼ぐイメージってのがこんな感じ

ひたすら順張りで稼いでいくという事はこんな感じです。

いつかはトレンド転換して最後には負けますが、コツコツ稼いだ積み重ねがあるのでドカンを食らったところでトータルでは勝ちトレードになります。

f:id:rokugenmm:20190915220318j:plain

上記のようなトレードの問題はドカンと負けることではありません。

むしろドカンと負ける事をビビって浅めの損切りにしているせいで、何回も負けまくるのがNGなだけです。

ひたすらドッカンドッカン負けまくるのはもちろんNGです。

それは環境認識ができていないか、逆張りになってしまっている可能性が高いです。

FXでコツコツドカンで稼げるようになった先にあるもの

コツコツ勝ってドカンと負けるスタイルでもトータルで勝っていればOKです。

ただ、いつまでもそのスタイルでよいかというと、上達具合によって課題が変わってきます。

コツコツ勝っていたのにドカン連発で結局トータルで負ける場合

トレンドが転換しているのに、いつまでも順張りのつもりが気づけば逆張りになってしまっている可能性が高いです。

環境認識が不十分なので、今現在の値動きをしっかりと見極める努力が必要です。

コツコツすら勝てない負け続ける場合

損切りが浅い場合と環境認識をミスっている場合か、その両方が考えられます。

エントリータイミングも練る必要がありますし、利確もミスっている可能性があります。

何にせよ勉強不足なので、真面目に学ぶ努力が足りてい状態です。

しっかりコツコツ勝ってドカンと負けてもトータルで勝ててる場合

コツコツ勝ててるなら環境認識も損切りもちゃんとできている状態です。

ドカンと負けても、またコツコツ勝ち続けられるならトレンド転換も事後に見極められています。

課題としては、事後でなくトレンド転換をリアルタイムで見極めてドカンを回避する能力を養っていく勉強が必要です。

この先は、利益を伸ばしてみたりエントリータイミングをしっかり考察してみたり、学びをさらに深める段階です。

損切りも直近最安(高)値以外に意味のあるタイミングを見極めていく事も必要です。

いずれにせよ、今現在月トータルで勝てていないならコツコツドカンスタイルは自分の実力を図るのにもってこいです。

凡人が一足飛びの実力を求めるだけ無駄なので、コツコツ勉強を続ける事を肝に銘じて努力していきましょう!