素直に順張りをやれば勝てる!FXでのいいお手本

ポンド円9/2時点でのチャートを見ると下降トレンドです。

先週までの記事で下降トレンドだが相場の環境認識をすると下の方まで下げに下げているところ、1hチャートを見ても下降トレンドの戻しからも下に下げていかないのを見て買いのチャンスがあれば買ってもいいところと判断して買いでのエントリーの場面を紹介してきましたが、今週の記事では素直に下降トレンドなので順張りでの売りを行ったエントリーを紹介します。

4hチャートを見ると下の方まで下げに下げたところではあるのですが上に行くことのできないチャートの形を見て「ここは順張りでの売りを狙う」と決め、売りでエントリーしました。

どのようなチャートの形が出たからそのような考えに至ったのか?その詳細を解説していきます。

FXでの勝率は順張りでの方が高い

僕が所属しているFX勉強会の先生もこんなこと言っています。

下降トレンドでは素直に戻したところで売ればいい。

いつ下降から上昇に切り替わるかなんてそんなの解らないんだから。

f:id:norihiro33:20190907095022j:plain例えばポンド円の4hチャートを見ると下降トレンドです。

戻したところで売っていれば利益が出ます。

ざっくりとですが5回売りのチャンスがありますね。

f:id:norihiro33:20190907095332j:plainトレンドの逆張りばかりを狙う人がいますが(このチャートでは下降トレンドなのでつまり買い)このチャートを例にとると、6回エントリーチャンスがある中で6回買いを狙う人は5回損切になり1回しか勝てませんが素直に売りを行っている人は5回勝てて1回の負けです。

しかもここで買いを狙うなんて、いつ上昇するか分からないところなので博打です。

(実はここでの買いを狙うことはできるのですが、それは来週での記事で書きます。)

下降トレンド中はチャンスを待って素直に売りを狙っていた方が勝率は高いです。

FXでの高勝率手法

f:id:norihiro33:20190907101646j:plain4hチャートでは下降トレンドなのでどこかで売りを狙っていきたいですよね。

時間軸を下げて1hチャートを見ます。

f:id:norihiro33:20190907102247j:plainパッと見て上昇トレンドですが上位足(4h)では下降トレンドということを頭に置きつつここにトレンドラインを引いてみます。

f:id:norihiro33:20190907102851j:plainトレンドラインで上昇が止められていて3回ぐらい上に行けずに下に下がってきているところですね。

f:id:norihiro33:20190907103319j:plain谷の部分にFEを使います。

FE161.8%までまだ余地があります。

直近安値付近、赤い水平線付近までは下がって行くのではないかとこの時予測しました。

これは売りのチャンスと思い5分足でいつものようにエントリータイミングを計ります。

f:id:norihiro33:20190907103837j:plain5分チャートでは下降トレンドです。

戻してきて上で3回止められて下に行くところで売りました。

20pipsぐらい取ってお終いです。