ここでは難しく考えすぎないでシンプルにトレードすべき。FXではこういう考え方も大事。

ポンド円9月第2週時点では1hチャートをみると下降トレンドからの急上昇がありました。

9月9日(月)戻して来たところで買いを狙っていました。

1hチャートを見ると浅い戻しのところではあるのですが、5分チャートを見て買いの根拠が重なるところで勢いよく上昇していったのでエントリーして約30pips取りました。

4hチャートを見ると下降トレンドの戻しのところではあるので売りかな?考えるところでもありますがこれだけの勢いのある戻しです。

f:id:norihiro33:20190914154135j:plainエントリー時点での4hチャートを見るとこれまでの下降の戻し方とは違い200MAを勢いよく上抜けています。

やはり下位足のチャート(1h、5分)の動きを見て買いを狙っていきたいところですね。

これだけの急上昇、どう考えても買いのシナリオをたてるでしょう

f:id:norihiro33:20190914155025j:plain1hチャートを見るとこれだけの急上昇をした後考えることといえば、、、当然どこかで買いをすることでしょう。

f:id:norihiro33:20190914194742j:plain上昇した後の戻しで買う、どこで買うかといえば?当然第一候補として考えられるのがFR38.2%まで戻してからの買い。

しかし後からチャートを振り返ると38.2%までの戻しはなかった。

しかし僕はここで買いをして取りました。

どのタイミングでエントリーしたかというと5分チャートを見て買いの根拠が重なるところです。

FXではエントリーポイントのことをしっかり考える、これ大事

f:id:norihiro33:20190914195218j:plain5分チャートを見ると勢いよく下降しています。

4h、1hチャートで分析したところ買いを狙っているところです。

どこで買うのがいいのか?今回のトレードでは2つのツールを使いエントリータイミングを計りました。

f:id:norihiro33:20190914195921j:plainトレンドラインと少し無理やりっぽいですが落ちてきた頂点の谷で使ったFE161.8%付近で勢いよく上昇していったところで買いました。

f:id:norihiro33:20190914200317j:plain約30pipsで利確しました。

チャート分析をするとここでの買いもできた

f:id:norihiro33:20190914201012j:plain急上昇した後なのでどこかで買いをしたいのですが浅い戻ししか発生しません。

もっと深く戻してくれたところだったら買いやすいのですが、、、だがこのようにトレンドラインが引けてトレンドライン3点目に当たるところです。

ここでの5分チャートを見てみましょう。

f:id:norihiro33:20190914202038j:plain上昇して戻してきているところです。

FR38.2まで戻して来たところで勢いのある戻しが発生。

再下降するも下降エリオットの形で戻してきて勢いよく上に行くところで買えましたね。

4hチャートを見ると結構上の方まで伸びてしまったところなので少し、20pipsぐらいで利確しておいた方がいいところです。

f:id:norihiro33:20190914202700j:plain