FXで勝てなくて疲れた時にデモトレードで復活する方法

f:id:rokugenmm:20191013075931j:plain

FXに取り組んで何度も口座破綻させて退場した人は数しれず。

精神的にも参ってしまうし本当に疲れたという方も多いんじゃないでしょうか?

私もそんな大多数の一人で、今まで口座をふっとばした経験は1度や2度ではありませんでした。

勉強会に入るまではデモトレードはほとんどやったことがありませんでしたが、活用方法を知れば知るほど、こんな便利な環境はありません。

FXで勝てなくて疲れちゃった人は起死回生のきっかけになるかもしれませんよ。

FXで疲れたという人はココがおかしい

今FXをやっていて疲れた~とか辛い~とか言う人は、何かがおかしい状態です。

勝てもしないのにリアルトレードをしてみたり、いつまでも目が出ないのにひたすら独学を続けてみたり非効率な活動を続けている人がFXではかなり多いです。

かくいう私もろくでもない無料のFXサークルに参加して、日々非生産な妄想やカーブフィッティングすぎるEAを作ったりしていました。

特に安定して勝てもしないのにリアル口座でトレードすると、大切なお金が無くなっていきますし、普段の生活にも支障をきたす人もいることでしょう。

つまり、お金さえ減らなければ精神的ダメージもそこまで大きくならないですし、客観的に自分の実力を図れるというわけです。

そんな都合の良い環境がデモトレードです。

f:id:rokugenmm:20191013210800j:plain

特に今リアルトレードでエントリーする時に手が震えて胃が痛くなるわ、目が血走って武者震いか恐怖で体がブルブルなるなら、すぐにデモトレードに切り替えた方がいいです。

その状態であれば口座破綻がいつか訪れるか、体を壊して生活をしていく事すら困難な状態になっていってしまいます。

FX以外の理由で疲れたときの考え方

私生活が忙しすぎて家に帰って疲れた状態で、FXの学習に取り組む事が難しいという人もいるかと思います。

ただ、たとえ30分でも良いから時間を使って毎日FXに取り組めば、勝てるようになる可能性は積み上げていく事ができます。

そもそもFXは超難しい部類のお仕事なわけです。

資格試験で一時気合を入れて暗記さえすれば、ハイOKという学習ではありません。

特に勝てるようになるには現在勝っているプロから学ぶのが効率的で必須条件とも言えます。

まずは勝ってる人に弟子入りする。

勝てるようになるまで何年かかっても諦めずに取り組み続ける気概が必要な学習であり、仕事であるFXの特徴とも言えます。

なかなかFXの腕が上達しないと確かに疲れますし、私生活の疲れをFX学習とリンクさせて嫌気がさしてくる事もあるかと思います。

ただし、生活のために仕事をして、その仕事の何百倍も難しい事に取り組んでいるんだから脳にかける負荷は計り知れません。

ただ、それはあらかじめ覚悟をしておく必要がありますし、生半可な覚悟ではそりゃFXで勝てるようになんてならないですよ。

FXで勝てなくて疲れた時にデモトレードで復活する方法

FXで安定して勝てれば、負けてお金がなくなる→疲れるのループからは脱する事ができます。

なので、まずは勝てるようになることが先決で、お金がなくならないようにデモトレードでしっかりと学習をしていきます。

この時に重要なのがリアルマネーではないからといって適当な売り買いをするのではなく、勝てる手法に基づいてトレードを行う事です。

いくらデモトレードでも独学で適当にその時だけ勝てる手法を思いついても、勝ち続ける事は困難です。

無駄な努力で疲れないように、長期目線で学習に取り組むのが結果的に復活への近道です。

勝っているプロに学び、

  • デモトレードで学んだ通りトレードして勝てるかどうか?
  • 勝てないなら理由は何か?
  • 同じルールで勝っている人と自分は何が違うのか?
  • ルールを破ってしまったのなら、それはなぜなのか?

それらを丁寧に対処していきます。

デモトレードなので『お金が尽きて精神的に疲れた』とはなりません。

しっかりと勝てるようになることで、今まで疲れていたトレードが嘘のように楽になっていきます。

トレード学習は長期目線で取り組み、デモトレードを真剣に行っていけば必ず復活できるというわけです。

実は最近実生活の方が忙しいせいかチャートを見る時間も少なく、どうもトレードが乱れがちだった事もあり、デモトレードで再度資金2倍1000pipsチャレンジをする事にしました。

ブレてるなと感じたら冷静になれるのがデモトレードかなと思います。

確たる自信をつけるためにデモトレードで復活の道をたどる事ができるのは体感済みなので、デモトレードをやった事がない人は是非やってみてください。

ただし、やるなら真剣にやらないと意味ないですよ!