大きな視点では順張り?シンプルなFX手法

9/16(月)時点でのポンド円は1h、5分チャートで環境認識をすると勢いよく上昇しているところでどう見ても買い場を探す相場環境です。

だが、しかし9/16に実際にエントリーした時は売りで入り約20pips取りました。

エントリー時の4hチャートを見てみます。

f:id:norihiro33:20190921194012j:plain勢いよく上昇しているところで売りずらいところですが、ここでチャートを縮尺して見てみます。

f:id:norihiro33:20190921194717j:plain大きな視点でチャートを見ると下降の戻しでFR38.2%のところです。

f:id:norihiro33:20190921194945j:plainここから1h、5分チャートと見ていき売りと判断してエントリーしました。

どのような考え方の過程を経てエントリーまで至ったのかまでを解説していきます。

1hチャートだけを見るとどう考えても買いが順張り

f:id:norihiro33:20190921214847j:plainエントリー時の1hチャートですがこれだけ見るとどう考えても買い場を探す相場環境です。

しかし、4hチャートで引いたFR38.2%のところで反応して下がっています。

FR38.2%というのは反応しやすいところでしたね。

www.milk-fxtrader.net

ここで5分チャートを見てみます。

f:id:norihiro33:20190921215923j:plain勢いのある上昇トレンドですが4hチャートで引いたFR38.2%のところで勢いよく戻し(下がり)直前安値を一気に下抜けました。

戻しから再上昇していくところでもあるのですがなかなか上昇していきません。

f:id:norihiro33:20190922112725j:plain一旦下がって戻してきてFR38.2%のところです。

f:id:norihiro33:20190922113025j:plainFR38.2%のところで上に行くのを3回止められて下に行くところで売りエントリーしました。

直前安値付近で利確して約20pips取りました。

ここでもエントリーチャンスはありました

f:id:norihiro33:20190922113747j:plain9/19時点での4hチャートでFR38.2%のところです。

実際にはエントリーしていませんがここでもエントリーチャンスはありました。

先ほど紹介した売りエントリーのように大きな視点では順張りでのトレードです。

f:id:norihiro33:20190922114538j:plain次に1hチャートを見てみます。

勢いよく上昇が続いているところですが4hチャートで引いたFR38.2%のところで上に行くのを3回止められて下に下がったところです。

f:id:norihiro33:20190922115642j:plainエントリー出来そうなところを5分チャートで探します。

下降して直前安値を下抜けFR38.2%まで戻して来たところです。

右肩上がりのトレンドラインが引けて上に行けずに下に行くところで売りでエントリーできます。

★のところで利確しても30pips以上は取れてます。

1h、5分チャートだけを見ると順張りでの買いをしたくなりますが、大きな視点での順張り(売り)もチャンスをじっとまてば出来ますね。