シンプルなFX手法で初心者にありがちなミス

f:id:rokugenmm:20191027214535j:plain

FXには色んな手法があります。

ただ、大きくわけるとどうやって順張りするか逆張りするかの2つになります。

シンプルに考えると売りか買いか?順張りか逆張りか?

ただそれだけのハズですが、なかなか勝てないのがFXというのは皆さんもよくご存知の事と思います。

そこで、なぜ負けるのか?初心者にありがちなミスを振り返る事で勝率の高いシンプルな考え方と手法をお届けします。

シンプルなFX手法と初心者あるあるのミス

冒頭でも書いたとおりFXには色んな手法があります。

多様化してきたとは言え、基本的な考え方はだいたい共通しています。

代表的なFXのシンプルな手法と共に、初心者にありがちなミスを最初に挙げておきます。

ブレイクアウト手法:タイプ順張り

もみ合っているところをニョキっと抜けた時にエントリーする手法です。

もみ合う値動きの前が上昇してきている流れだと、ついつい高値更新した瞬間にエントリーしてしまい、高値掴みをする事になります。

f:id:rokugenmm:20191028103757j:plain

ブレイクアウト手法が悪いというよりかは、5分足や1分足だけ見てブレイクで入るエントリーが危険という事です。

例えば1時間足の実線で高値更新のブレイクをした時は5分足のブレイクとは意味合いが異なってきます。

長時間足もしっかりと見て環境認識した上で、できればブレイクした後の戻りを待つのが安全です。

上記画像のように高値更新して落ちていくダマシが発生したときも回避できますし、慌てて入るようなエントリーは相場の養分になりがちです。

ダブルやらトリプルやらの手法:タイプ逆張り

ダブル・トリプルトップにボトムや三尊とか色々形を見て逆張りしていくFX手法はよくご存知の方も多い事でしょう。

ですが、5分足とか1時間足だけを見て形だけで安直にエントリーしても優位性は乏しすぎます。

f:id:rokugenmm:20191028110135j:plain

5分足だけみて「こんだけあがったんだからそろそろ下がるだろう」とか考えていて、ダブルやらトリプルがあると、すぐにエントリーする人がいます。

そうですね。過去の私です・・・

勝率は半分もいかず、その手法を教えている人の教材を食い入るように見て何度も反復していました。

ただし、そもそもそれを教えている人の勝率が良くて5割でリスクリワードやら損小利大を声高らかに掲げている人だったので、当然それ以上の結果にはなりませんでした。

損小利大とかリスクリワードというのは、勝率が低い手法だから付け加えられた逃げ口上のように思えてなりません。

形でみるのではなく、エントリーは意味のある場所でトレードする必要があります。

押し目買い・戻り売り:タイプ順張り

順張りが安全という情報がよく出回っています。

それは嘘ではないですが、適当なところで押し目買い・戻り売りをしようとしてもうまくいかない事が多いです。

f:id:rokugenmm:20191028111648j:plain

上昇がどこまで続くかはわかりませんし、少し戻した程度のところでエントリーしても優位性は非常に低いです。

これももっと意味のあるところまで、押しと戻りを待つ必要があります。

ダイバージェンス:タイプ逆張り

MACDやらRSIやらのインジケータツールを表示させて、値動きと逆行しているパターンをダイバージェンスと言います。

これも一つの傾向であって優位性は低いです。

4時間足で見てもこの通りあっさり裏切られるので、これを信じてトレードすると、えらい目にあいます。

f:id:rokugenmm:20191028113146j:plain

スイングトレードだから長期目線で見てるし良いんだよ!という人は要注意。

ちなみに、このダイバージェンスのあとポンド円は1100pips下降しました。

ダイバージェンス逆張りでスイングトレードの人は忍耐力が必要なので、ストレス耐性のある人以外は精神に異常をきたしそうですね。

FX手法はシンプルな方が良いが、しかし

FXの手法はわかりやすく再現性があるものを学んだ方が良いです。

ただ、上記で挙げたようにシンプルというか深く考えずに見た目でエントリーする手法は勝率も低く、優位性はかなり低いので学びを深めるのに適していません。

学んだ先に高い勝率を得る事ができて、ストレス無くエントリーしていけるようになる手法を学んだ方が長い目で見た時に絶対良いです。

初心者であれば、なおさら意味のある事を学んだほうが力になるので、このブログで書かれている手法を深めてもらえばと思います。

次の項目からは、そんな意義のある手法の一つで、上記のシンプル手法と組み合わせた考え方を挙げていってみます。

高勝率が狙えるシンプルなFX手法

では、ここまで引っ張ってお伝えする高勝率が狙えるFX手法とは何かというと、何度もこのブログでお伝えしているフィボナッチを使った手法です。

フィボナッチを使ったシンプルFX手法

まずは環境認識から、画像の左側が4時間足左が5分足です。

f:id:rokugenmm:20191028124258j:plain

4時間足では前回高値を大きく超えて上昇してきています。

ただし、それまではずっと長い下降トレンドであったため安値を更新していく可能性も否定できません。

そこでまずはフィボナッチリトレースメント(FR)を前回最安値から最高値までひきます。

次にフィボナッチエクスパンション(FE)を前回最高値から次の谷と山を3点でつなぎます。

一つの目標地点であるFE161.8またはFR61.8で押し目をつけて上昇していくか否かを見極めていきたい場面です。

5分足をみると勢いの良い下降が続いており、安直に逆張りできる状態ではありません。

4時間足FE161.8で下げ止まった事を確認し、さらに上昇からの押し目である5分足のFR61.8まで下がってくるのを待って買いエントリーのタイミングをはかります。

FR61.8付近で3回ほど下げ止まったのを確認して買いエントリーであっさり数十pipsゲットできるという結果になる場面です。

使ったのは4時間足と5分足にフィボナッチエクスパンションとリトレースメントを使うだけのシンプルなFX手法ですが、かなりききます。

シンプルなFX手法を掛け合わせるのも良い

上記の手法では4時間足では順張り、5分足では逆張りというエントリーでした。

例えば上記の勝率の悪いシンプルなFX手法である

・短時間足のブレイクやダブルやらトリプルの形のエントリー

・押し目買いに戻り売りなど順張り手法

それだけではたいした勝率にならない手法でも、フィボナッチの値を使えば意味のある場面でトレードを考える事ができます。

意味のある場面で意味のある行動をするからお金が増えます。

逆に、意味のないわけわかんない場面でエントリーするから相場の養分になります。

というわけで、シンプルなFX手法は初心者でも数字さえ読めればタイミングをはかれるフィボナッチを活用するのが勝ちトレーダーへの近道という話でした。