FXのエリオット波動を使った再現性の高い5つの事例集

f:id:trader-nori:20191120215204p:plain

今回は、エリオット波動の再現性の高い事例集を5つ作ってみましたので、是非参考にしてみてください。

前回紹介したフィボナッチエクスパンションなども利用することで更に効果を発揮します。

最後まで読んでいただければ、えっ!?なにこれめっちゃ効いてるじゃん!ビビる!と思うこと間違いなしです。

FX勉強会で使うエリオット波動とは何か?

エリオット波動については、先生の記事にしっかり書かれていますのでご参考ください。

f:id:trader-nori:20191120212315p:plain

  • 1波(0→1):いきなり現れる。上昇(下降)トレンドが始まる。
  • 2波(1→2):1波の戻しが終わると強い3波が発生する。2波はジグザグの動きになることが多い。
  • 3波(2→3):最も強い波。エントリーすると勝ちやすい。
  • 4波(3→4):2波と同様。1波の高値で4波が止まることが多々ある。
  • 5波(4→5):トレンドの終わり。3波の高値を超えていくかどうかは不明。

FXで勝ちたいならエリオット波動を本気で勉強すること より

11235813213455.net

今週のエリオット波動を使ったトレード

ケース事例の前に、エリオット波動を使った11/20本日のトレードを紹介します。

f:id:trader-nori:20191120210829p:plain

4時間足からです。

直近は大きなエリオット波動5波が完了したようです。この後、上下どちらに行くかはエリオットからは判断がつきにくそうです。直近は少し前回の高値を上抜けてから戻しをしているようです。

f:id:trader-nori:20191120210856p:plain

続いて1時間足です。

もみ合いがしばらく続いていましたが上に抜けましたが前回高値で止められました。エリオットを書いてみると、上昇のエリオット5波は完了したようです。

その後、下落が思ったより強く下がってきていますね。こちらにも下降のエリオットがかけそうです。現在は下降の3波でしょうか?

f:id:trader-nori:20191120210912p:plain

最後に5分足です。5分足は下降トレンドです。下降のエリオット5波が完了後、上昇のエリオット5波が発生しどうやら5波まで到達したようです。

上記の環境認識から、4時間足、1時間足の下降のエリオット3波を狙った5分足の戻り売りが狙えそうです。ただし、4時間足、1時間足の3波の下の方でもあるため、このまま3波を継続するか、下がりきらず4波を形成するかは値動きを観察していく必要がありそうです。

エントリーは、上昇エリオット5波が終わったことを確認してから(陰線が確定して上昇が止まったことを確認してから)入っています。

f:id:trader-nori:20191120215734p:plain

最終的にこうなりました。

やはり短時間で直線を取るなら、直近安値手前がベストだったようです。このエントリーは再現性が高く、私以外にも沢山の先輩方が報告されていました。

f:id:trader-nori:20191120211009p:plain

エリオット波動を使った再現性の高い事例集

では、ここからは使える「ワタシ的」エリオット波動のパターン集です。

5つ紹介しますが、1時間足高値圏から、エリオット3波で入る例で再現性が高い事例です。上位足で反転しそうな重要なポイントやレンジ上限/下限で使えると良いかと思います。

赤の縦線がエントリーできそうなポイントです。

事例1.1時間足FR61.8からの3波目+5分足5波完了①

f:id:trader-nori:20191120211053p:plain

1時間足で高値到達後、下がってきてフィボナッチリトレースメント(FR)の61.8のあたりで止まった場面。

5分足では下落後再度戻ってきています。上昇エリオット5波が完成して上がらないことを確認できたら入っていきたい場面です。

なお、他に、トレンドラインとフィボナッチエクスパンション(FE)の161.8でしっかり止まったことが確認できるとなお良いですね。

事例2.1時間足FR61.8からの3波目+5分足5波完了②

f:id:trader-nori:20191120211117p:plain

こちらも1時間足が高値圏到達後、戻ってきている場面です。

直近急騰なので入るかというとちょっと微妙ですが、ここが重要な高値圏やレンジの上限であれば入れそうなポイントです。

5分足を見てみます。

下落後、不格好ではありますがエリオット(っぽい)5波を作っています。その後、5波が確定し上がらないことを見届けてエントリー。

こちらもFE161.8を利用すると更に自信を持って入ることができます。

事例3.1時間足FR61.8からの3波目+5分足5波完了③

f:id:trader-nori:20191120211149p:plain

こちらは下落からの上昇の場合です。

1時間足は上の2つと同じようにFR61.8で止められています。

5分足の方では、エリオットの5波が綺麗にできていますね。

5波目は決め打ちで入るよりは、しっかりと5波目が確定してから入ったほうがより安定感は増します。1時間を見てもわかるように直近は大きな下落なので、エリオット5波と「山3つ」を待ってから入ったほうが良さそうです。

ここでもFE161.8が有効ですね。

※赤線の位置が少しずれていました。山3つ目で止まったことを確認したあたりです。

事例4.1時間足FR32.8からの3波目+5分足5波完了

f:id:trader-nori:20191120211206p:plain

1時間足はこれまでとは異なり、1段下のFR38.2で止められています。低い位置で止められている方が、売りのちからが強いため、こちらのほうが下落を期待できそうです。

5分足を見てみます。

上昇のエリオット5波が完了したので、上がらないことを確認して入りたいです。が、1回目はその後、もみ合いとなり、タイミングが掴めません。

そして2回目、ここなら入れそうです。残念ながら大きくは伸びず、再度上昇しその後下落していきました。

「ワタシ的」には、赤線でエントリーして安値手前で利確できればOKです。

くどいですが、こちらもFE161.8が効いていますね。そして下降トレンドラインも!

事例5.1時間足FR61.8からの3波目+5分足5波完了からの戻り

f:id:trader-nori:20191120211223p:plain

1時間足はFR61.8まで戻ってきました。何度か直近高値を目指す動きをしていますが、全てヒゲで終わっています。

これは、一旦下がる可能性があるかもしれません。

5分足で見ていきます。

上昇エリオットは、5波目?っぽいものをつけた後、ダメ押しの(?)5波を残しています。しかし、ダメ押しの5波目も高値を更新するには至りませんでした。下がり始めたところでエントリーができそうです。

私の場合、この場面はビビって唸っている間に下落しそうです。その場合は、次の下落の戻りがエントリー場としては良いのではないでしょうか。

ここではFE161.8は達成していません。しかし、手前までは来ており「3回上がれていない」ので、下がる根拠としては使えそうですね。

えっ!?なにこれめっちゃ効いてるじゃん!再現性高っ(!?)ビビった!と思っていただけたならこれ幸い、是非チャートを開いて実際に検証してみてください!ビビるぐらいこういうポイントはたくさんありますよ!