FXの押し目買いを複数のツールで多角的に考えてみた

f:id:gupio317:20191210153045j:plain

前回の記事ではフィボナッチリトレースメント38.2%でトレード出来なかった失敗を振り返って考察しました。

www.fx-fibotrade.net

次にFXで環境認識をして同じような相場が来たからという理由だけでトレードするのはなんか志向がボヤっとしていますね。

その時に私がFXでトレードする上で何を狙っていて、失敗したことを受けて次にどう狙っていくのかということをまず理解する必要があります。

では何を狙っていたのか…それは押し目買いです。

今回は押し目買いを狙うために同じような相場をピックアップして検証してみましたのでご紹介します。

FXで押し目買いをするのにひとつのツールでは心許ない。

FX勉強会では先生に教わっている使えるFXツールを複数使って分析して、みなさんトレードを行っています。

前回紹介したフィボナッチリトレースメントのみを使って毎回トレードをして勝ち続けている方というのはおそらく一人もいないでしょう。

先生はブログやyoutube動画などで何度も「複数のツールを使って多角的に相場分析を行うからFXで勝てる。」と仰られています。

また、「FXにおいて考えられない人というのは一生勝ち続けることは出来ない」とも仰っています。

フィボナッチリトレースメントだけで環境認識からトレードまで行い勝ち続けられれば考える必要ないですし、皆さん簡単にFXでお金持ちになれているはずです。

FXはそんなに簡単じゃありません。

一つ一つのツールを私みたいな超凡人でもしっかりと考えて正しく複合的に使っていく練習を繰り返し行っていくことが大事です。

押し目買いをするために使うFXツール紹介と検証。

FX勉強会ではブログやyoutube動画で紹介されている通り、フィボナッチリトレースメントやフィボナッチエクスパンション、エリオット波動、トレンドライン、移動平均線などのFXツールを利用しているのはご存じですよね?

FXの相場では状況によって使えるツールと使えないツールが出てきますが、それらを的確に利用することが重要なのですが、今回押し目買いを狙っていく検証で使うツールは主にフィボナッチリトレースメントとエリオット波動、トレンドラインです。

FX押し目買い検証:ポンド円2019年6月18日付近。

大きな時間足からしっかりと相場を俯瞰して見ていきましょう。

4時間足。(赤い縦線部分)

強く下降してきている下降トレンドで下降のフィボナッチエクスパンション161.8%を既に抜けてきており、261.8%までまだ余白がある中途半端な位置。

上昇のフィボナッチリトレースメントも61.8%を抜けてきています。

下降トレンドなので戻しを待って売りを狙いたいところですが、現在は下げた先っぽなので売っていくのはまだ危険かなといった状況です。

f:id:gupio317:20191210154810j:plain

続いて1時間足。

強い下降で安値を更新していますが、下降のフィボナッチエクスパンション161.8%を一旦下抜けますが、しばらくして下降のフィボナッチリトレースメント38.2%付近まで直線的に一気に上昇しています。

押し目を付けて序章のエリオット波動3波でフィボナッチリトレースメント38.2%を一気に超えて行ってます。

1時間足のこの時点では買いが強いんじゃないか?と考えられます。

そして現在は分かりやすい上昇エリオット波動3波。

そうなるとこの時点で簡単に考えられて狙いたいのは上昇の押し目を待って上昇エリオット5波ですよね。

じゃあエリオット波動5波がどこから始まりそうなのか押し目を考えます。

f:id:gupio317:20191210155242j:plain

フィボナッチリトレースメントの数値的に押し目として考えられるのは38.2%~61.8%付近。

ただ、ここのどこが押し目になるのかは数値だけで判断することが出来ないので、あと2つのツールを追加しました。

上昇エリオット波動は1波の高値付近で4波が終わり再上昇することが多々ある(絶対ではない)と先生に教わっておりますので、そこにラインを引いておきます。

また上昇起点からルール通りにトレンドラインを引いてみます。

するとフィボナッチリトレースメント38.2%~61.8%付近でトレンドラインと1波の高値付近(黒い丸付近)で押し目と付けて上昇するんじゃないかと数値だけでは曖昧だった部分が明確化しています。

そこで細かな5分足も見て合致する動きなら押し目買いが出来そうですね。

f:id:gupio317:20191210160429j:plain

最後に5分足。

結果は画像のようになりました。

5分足では上昇エリオット波動3波終了から小さな下降エリオット波動5波まで上昇1波の高値付近、トレンドライン、フィボナッチリトレースメント38.2%~61.8%まで下降してきました。

ここですぐにエントリーというのは小さな下降5波が終わったかどうかはこの時点では分からないため、止まったのを確認したいところです。

その後上昇し、5分足の下向きトレンドラインに再度タッチするもその後は下げて行きません。

この時点で止まったと判断し、押し目を狙って買いでエントリーすれば良さそうですね。(黒い丸付近)

f:id:gupio317:20191210160802j:plain

FXで押し目買いを複数のツールを使って多角的に分析する本質とは?

FXでトレードをするうえでフィボナッチリトレースメントなどのツール一つを使ってトレードすることも可能だとは思います。

がしかし。

ではなぜ、先生は複数のツールを使って多角的に相場を分析するべきだと仰っているのか。

それは心に不安な要素を残さないように値動きを出来るだけ確認して確認して確認して安全にトレードするためなのではないかと思います。

その為には一つのツールではなく、その状況で使えるツールをすべて用いてFX相場を分析し、安全に確実に押し目を狙っていく。

これがFXの基本であり、奥義なのかもしれません。