FXのエントリーポイントをフィボナッチエクスパンションで掴み取る

f:id:gupio317:20191213161624j:plain

FX勉強会では皆さんご存じのフィボナッチエクスパンションというFXツールを使用しています。

フィボナッチエクスパンションを使うとFX相場で3つの事が分かると先生から教わっています。

一つ目は決済ポイントが分かる。

二つ目はエントリーポイントが分かる。

三つ目はエントリーしちゃいけないポイントが分かる。

詳しくは先生のyoutube動画が分かりやすいと思いますので、見たことが無い方は見た方が良いですよ。

www.youtube.com

今回はFX過去相場でフィボナッチエクスパンションでエントリーポイが分かるということに絞ってお話していきたいと思います。

フィボナッチエクスパンションでFXの大事なエントリーポイントを把握するための前提。

FX相場でどこでもフィボナッチエクスパンションを使えばエントリーポイントが分かるのか。

そんなことはありませんね。

フィボナッチエクスパンションというのはあくまでFXツールの数値であって、数値だけを追っていても良いエントリーポイントというのは把握出来ません。

大事なのはどういう状況でフィボナッチエクスパンションを使ってエントリーポイントを把握するのかということ。

では何が必要なのか。

もちろんそれは環境認識。

それでは実際に過去相場を見て行きましょう。

FXエントリーポイント過去検証:ポンド円2019年4月3日

まずは4時間足。(赤い縦線部分)

上昇トレンドで戻しが浅く強い上昇。

直近では高値更新をせずに横這いですが、まだ明確に上昇トレンドが終わったという値動きにはなっていないので、基本的には上昇の範疇というところです。

f:id:gupio317:20191213172253j:plain

続き1時間足。

横這いの相場で上限付近から下限に向かって下降してきたところ。

その下降というのが下降のエリオット波動5波でしっかりと下降が終わっています。

しかも4波から5波では下降のフィボナッチエクスパンション261.8%で止まってV字で上昇しました。

この時点ではその後買いを狙えることが考えられます。

そして押し目を付けて綺麗な上昇エリオット波動3波のような形で1波の高値を更新しました。

後は戻しを待って上昇5波を狙うだけです。

f:id:gupio317:20191213172506j:plain

FXで実際のエントリーポイントを把握出来るようになるには過去相場でもシナリオを考える。

ここからいよいよ本題のフィボナッチエクスパンションでのエントリーポイント。

5分足でのエントリーポイントを右側が見えない状態でシナリオを考えてから、実際の過去相場を見ることにしましょう。

シナリオとしては、現在上昇のエリオット波動3波からの下降中で、下降のフィボナッチエクスパンションを当てると下降3波で161.8%に到達し、4波中であることが分かります。

次に上昇エリオット波動5波は先生に1波の高値付近で止まって発生することが多々ある(絶対ではない)と教わっていますので、1波の高値にラインを引きます。

そして上昇エリオット波動3波起点からトレンドラインも引きます。

上昇の押し目を狙っていくということになるので、フィボナッチリトレースメントを使って38.2%~61.8%の数値的な押し目予測もしておきます。

エリオット波動、トレンドライン、フィボナッチリトレースメントを合わせたエントリーポイントはフィボナッチエクスパンション261.8%付近(赤い丸付近)じゃないかとシナリオを立てられます。

f:id:gupio317:20191213173230j:plain

最後に5分足での結果は以下の画像のようになっています。

シナリオで想定出来たフィボナッチエクスパンション261.8%がエントリーポイントとなり上昇していることが分かります。

私が実際にこのFX相場で考えられるエントリーポイントとしては矢印の部分になるかと思います。

決済は星印部分。

f:id:gupio317:20191213173557j:plain

フィボナッチエクスパンションでエントリーポイントが分かるFX相場は多々ある。

今回FXの過去相場を用いてフィボナッチエクスパンションでエントリーポイントを掴み取る検証を一つしか紹介出来ませんでしたが、他の過去相場を見返してフィボナッチエクスパンションでエントリーポイントを掴み取ることが出来る局面というのは数多く存在していました。

また機会があればご紹介しますが、FX相場で実際にエントリーポイントを掴むためには過去相場でご自身で体験することが何よりも力になると思いますので、是非やってみて下さい。

私もまだまだ今後何回も検証してきたいと思います。

FXでの成功の鍵は、自分の課題とひとつひとつ向き合ってコツコツと諦めずに続けていくことのみですもんね。