学び方は真似ること。FXの超つまらない超重要な話。

f:id:gupio317:20191228165001j:plain

FXの学び方をご存じですか?

というかFXだけではなく、「学び方」を知っていますか?

私は最近自身の仕事で学び方について思うことがあったので今回は超つまらないけど、超重要なFXの学び方についてお話していきます。

FXじゃなくても学び方は大人も子供も同じ。

子供って遊びでも勉強でも興味があるものについては成長ってとても速いですよね。

これってなんでなんですかね?

私は素直に真っすぐに興味があるものに対して向き合っているからだと思います。

大人ってこれまでしてきた経験などの関係ないものを関係ないところから入れ込んで学び方を複雑にしていて、だからなかなか成長しないで諦める。

こんなことを経験したことないでしょうか?

じゃあ子供はどうやって学んでいるのか。

それは出来ている人を必死に観察して真似ているんだと私は思います。

よく言いますよね。

「学びは真似ること」

FXの学び方も先生を真似ることから始める。

FX勉強会の先生は「教えたことは余計なことを考えずに素直にそのままやりなさい。」とよく仰います。

これがまず出来なければ恐らくFXの専業トレーダーになることは一生出来ません。

よほど才能が豊かな人なら別でしょうが。

真似るということは基礎を学ぶということです。

基礎が出来ないのに応用なんで出来るわけありません。

まずは何も考えずに素直に真似ることからFXの学習を始めましょう。

FX学び方実例。先生の解説をそのまま真似てみる。

先日先生がyoutube動画で解説されていた以下の内容を今回そのまま真似てみます。

www.youtube.com

動画を見ているだけではなく、実際に手を動かして体験してみることが重要です。

動画の主題は「エリオット波動」ですがFXで大事な多くの内容が含まれています。

f:id:gupio317:20191228165826j:plain

ポンド円2019年7月2日付近(赤い縦線部分)

ますは1時間足でエリオット波動を使ってみます。

ちなみにこの相場というのは左からずっと下降してきている下降トレンドです。

赤い番号のエリオット波動は1時間足レベルではちょっとおかしいという話をされていました。

その理由は5分足レベルの小さなエリオット波動の波だから。

1時間足レベルでは青い番号のエリオット波動が正解。

f:id:gupio317:20191228170007j:plain

では1時間足の下降エリオット波動3波を狙って5分足でタイミングを計ってエントリーするとしたらどうなるだろうか。

5分足を見ると赤い枠のどこかで戻り目を探して売りたいところですが、どこで売ればいいかが分かりません。

f:id:gupio317:20191228170144j:plain

そんな時に使うのが、フィボナッチリトレースメント。

下降してきた最高値にフィボナッチリトレースメントを使うと下降の61.8%まで一気に上昇していることが分かります。

61.8%まで一気に上昇しているということは…買いの力が強いんじゃないかという値動きの意味になるので、ここでは売れません。

f:id:gupio317:20191228170304j:plain

フィボナッチリトレースメント61.8%まで上昇するもその後は時間が経っても上昇せずに38.2%に収まってきている。

トレンドラインも引けそうなので引きます。

そうすると1時間足の下降3波を狙って売れるポイントが見えてきます。

赤い矢印のところで売る。

そして20pipsから40pipsを取る。

f:id:gupio317:20191228170526j:plain

真似てみるとFXの学び方が見えてくる。

今回のyoutube動画の主題はエリオット波動でしたが、それ以外にも多くの重要な内容が含まれていましたね。

しかも動画の内容は今回紹介した内容だけではありませんでした。

なぜ多くの重要な内容が含まれていたのか。

それは先生が多くの使えるFXツールを使って相場を見ているからです。

勝てている人がここまでのFXツールを使って相場分析しているのは勝つために絶対必要だからですよね。

じゃあ私たち素人はどうすればいいのかというと、先生と同じ分析ツールを使って真似し続けて自分のものにしないといけません。

何度も何度も。

真似ることはFX学び方の初歩。

youtube動画や今回の記事を見て、何か思いませんでしたか?

「赤い矢印のところが売れるポイント」というところ。

実際に右が見えないチャートで分析しているときにそこで私は売ることが出来るんだろうか。

ではなぜ先生はそこが売れるポイントだと仰ったのか。

環境認識やエリオット波動、フィボナッチリトレースメントの使い方などは実際に自分で手を動かして真似ることで理解出来ましたよね。

これだけでも真似る要素がたくさん含まれており、いい学び方が出来ます。

じゃあ自身が素人トレーダーを脱し、ここで売りでエントリーする為にはどうすればいいのか。

FXにおいて真似ることは学びの初歩です。

その先は更に細かいところまで自身で掘り下げて正しく深く素直に考えなければいけません。

超つまらない話でしたね。

でも超重要だと私は思っています。