FXの押し目ってどこ?絶好の押し目ポイントをサクッと見つける方法【簡単3ステップ】

f:id:seiten0603:20200125162856p:plain

FXで勝ちたいなら、『トレンドの押し目から買え!』みたいに言われることが多いですよね。

でも、その”押し目”って初心者の人からしたらどこそれ?って感じじゃないですか。

僕自身も理屈は分かるんですけど、「実際どこまで下がるのかなんて分からなくない?(アホ面)」って最初のうちはずっと考えていました。

しかし、勉強会で教えてもらっているルール通りに相場を分析すれば絶好の押し目ポイントを簡単に見つけることが可能です。

僕と同じく初心者の人で、「押し目って謎。(思考停止)」状態の人は是非この方法を試してみてください。

FXの絶好の押し目ポイントを簡単に見つける方法とは?

その1:フィボツールで押し目の深さを確かめる

f:id:seiten0603:20200125163245p:plain

上記は2019年の3月後半の1時間足のチャート部分です。

大きな下降がFE161.8付近で停滞し、直前で100pips近い急上昇が発生している場面。

全体的には完全に売り有利の相場ではありますが、

直前の値動き的には下降が止められてからの垂直上昇が発生しているので、その流れに乗っかりたいところです。(※しかし逆張りなので取っても少しの相場)

この上昇の押し目はどこ?って話なのですが、いつものフィボツールで探します。(FRとかFEのこと)

f:id:seiten0603:20200125170442p:plain

続いて5分足のチャートで分かりやすく見てみます。

直前の急上昇にいつものフィボナッチリトレースメント(FR)をあてて押し目の深さを確かめます。

すると、この相場ではFRの38.2付近で押し目の波が停滞しているのが見て分かると思います。

しかも直前の最高値部分からフィボナッチエクスパンション(FE)もあてると、丁度161.8付近でも反応して反発上昇しています。

なので、この相場での押し目の深さの有力な候補は大体緑の枠の部分辺りということが分析できます。

その2:押し目の波が止まったことを入念に確認する。

f:id:seiten0603:20200125164758p:plain

しかし、2つのツール共に丁度タッチで反発しているわけではありません。

少し抜けてから反応しています。でも、相場って大体こんな感じで100%この数値から反発しますよ!みたいな都合のいいようにできていないんですよね…。

なので、ここからが焦らずに何度も「もう下に行かないよね?絶対行かないよね?」という入念なる確認が必要になるわけです。

なので上の画像の左側の赤矢印2つは焦りすぎの初心者パターンです。(僕もよくやらかします)

「え。でも、そのあと上昇しているし別に早くても良くないですか?」って思う人もいるかもですが、実際にトレードしてみたらさらに下のFR61.8も下抜けるなんてことも結構あります。

なので、しつこいくらい確認して注意深く、右の矢印部分まで待ってFR38.2まで勢いよく戻した陽線を確認してエントリーするのがベストです。

上昇するまでの待ち時間もなくストレスもなく、20pipsくらい取れます。

他にもトレンドラインも引けたり、安値も切りあがっている状況なども踏まえてなるべく右側で入る工夫をすることをオススメします。

その3:押し目が予想より深かったら見送りorシナリオを立て直す。

先ほども少し言ったのですが、予想より押し目の波が深いパターンもあります。

特にFR61.8まで押し目の波が戻して来たら、それは直前では一旦下降の力が強いというシグナルなので、より入念に確認が必要になります。

もしくは、

  • それ以上更に下降したり、(上昇否定パターン)
  • 下降もせず横ばいになったら(上にも下にもいかないどっちつかずパターン)

一旦見送ったり、シナリオを立て直すのも一つの手です。

無理に頭の中が「押し目からの買い。押し目からの買い。」でいっぱいいっぱいになっていると、返り討ちに合うパターンも結構あります。

先生でも勝てている先輩達でも、「未来の相場なんて予測がつかないもの。」と仰っているので、僕や初心者の人たちが立てたシナリオなんてモロいものとはじめから思っておかないと、必ず痛い目に合います。

毎日エントリーできなくても問題なし。取れる相場は未来にいくらでも転がっている。

例えば、押し目を探していて、

  • 予想よりも早く上昇していっちゃいましたとか、
  • 確認しすぎてチャンス逃しちゃいましたとか、

そういうケースも出てくると思うんですよね。

だからといって、止まった確認を疎かにして早めのエントリーをするのは死亡フラグかと思います。

仮にその部分を取り逃しても、”そこで負けなかっただけ良し”でもありますし、

毎日エントリーできなくても、週に2,3回自分が確認して確認して分かるところだけやれば月間200pipsですからね(勉強会手法だったら)

下手にその相場で早めにエントリーして、確認を怠って逆行で損失を出すよりは、賢い選択肢だと今では思えるようになりました。

エントリーできるできないよりも、その相場が理解できているかどうかの方が優先

先生も

「たくさんトレードするから」お金が増えるのではありません。
「勝てる所でルール通りにトレードするから」お金が増えるのです。

 と仰って頂いている通り、下手にルールを破って早いエントリーをしても意味がありません。

学習者の段階では、自分がエントリーした相場が理解できているかいないかの方が大きな問題です。

勝った負けたは後回し。その相場が理解できているかいないかを優先させましょう。(自分にも言い聞かせています。)