FXで勝ちたければエリオット波動で楽々狙い撃ち!

先月、1月8日のポンド円相場は上昇トレンドで伸び切ったようなところから戻してきて調整の動きになった相場環境でした。

f:id:norihiro33:20200119172934p:plain日足を見ると直前の動きは勢いよく上昇してきたところで戻しを買いたいところですがFE161.8%まで上昇したところです。

f:id:norihiro33:20200119173644p:plain4hチャートを縮尺して見ると上昇エリオットの形をしています。

FE161.8%まで上昇して勢いよく戻してきました。

FR38.2%まで一気に下降してきましたね。

ここから上昇4波の下降が始まることも予測できます。

f:id:norihiro33:20200119174302p:plainでも僕の手法は王道の順張りトレードなので直前までの値動きを第一に考えてここでは買いのトレードチャンスをひたすら待っていました。

ここから1hチャートで買いのチャンスを探し5mチャートでエントリーのタイミングを計りエントリーしました。

FXでのマルチタイムフレーム分析はこう行う

f:id:norihiro33:20200119192321p:plain先ほどの日足チャートです。

直前の動きは勢いのある上昇なので「買い」目線で固定しました。

f:id:norihiro33:20200119192710p:plain先ほどの4hチャートを通常の縮尺に戻しました。

上昇トレンド、エリオット上昇3波でFE161.8%まで上昇し少し大きく戻してきましたが先ほどの日足のチャート分析により「買い」目線で固定しているため「買い」に適した相場環境になるまで待っていたところ下に抜けていかないで3回ぐらい止められる形になりました。

この形になって「これは買いのチャンスが来たな」と思い1hチャートの分析を始めました。

僕のFXトレードスタイルは5mのデイトレ

f:id:norihiro33:20200119194353p:plainトレード時での1hチャートです。

下降トレンドですが戻して再下降するも下に抜けていきません。

トレンドラインのところで3回ぐらい止められて勢いのある陽線が出ました。

僕はこの陽線を見て「最低でも直前高値付近までの上昇はあるのではないか?」と考えました。

直前高値までとはいえ約90pipsもあります。

僕のトレードスタイルはデイトレなのでこの約90pipsの間を慎重に、少しだけ取るスタイルです。

ここで先ほどの4hチャートの分析でエリオット上昇4波の下げが発生するかもしれないと書きました。

f:id:norihiro33:20200119194957p:plain

でも今この瞬間は上に行く可能性が非常に強いので買いです。

4hチャートでエリオット上昇4波の下降が始まるのはもう少し先のはずです(上に行けないという形が出たら)。

次に5mチャートを見ます。

f:id:norihiro33:20200119195845p:plain下降トレンド。

勢いよく下がった後、その下げ分を全部戻す上げが発生しました。

エリオットの形で戻してきてエリオット下降5波を形成後、上に行くところで買いました。

直前高値付近で利確して約30pips取りました。