FXのトレードで余計な所・変な所で負けるエントリーを防ぐ3つの方法

f:id:seiten0603:20200131180403p:plain

僕はFXで余計な所・変な所でエントリーする病気があります。

今は勉強会に参加させて頂いて重度から軽度の症状に落ち着いてきましたが、完全に治ったわけではありません。

未だに変なところでたまにエントリーしてしまいます。

ですが、その余計なエントリーを「あっ。またやってる俺。」とある程度すぐ気づき反省し改善までできるレベルになりました。

今までは気づかずに「あ~れ~なんで~(アホ面)」で終了していたので、えらい進歩です。

今日はそんな病気だった僕が余計な所、変な所で負けるエントリーを防ぐ方法についてお話します。

FXのトレードで余計な所・変な所で負けるエントリーを防ぐ方法とは?

シナリオに無いエントリーをしないと誓う

f:id:seiten0603:20200131173220p:plain

初歩的な事にはなりますが、

シナリオに無いエントリーをしないと自分に誓うことです

僕ももちろんありますが、初心者の人で経験のある人は多いのではないでしょうか?

思い付きエントリーをして、逆行して無様にやられたこと。

  • ろくに環境認識もせず、
  • 「なんか売れそう。」「なんか買えそう」と思い立ち
  • 無様に負けて反省すらしない(過去の自分)

こんな負けは”必然”の負けであり、最も意味のない負けです。

意味がない理由としては、反省が疎かになってしまうからです。

結局自分でも「ただなんとなくエントリーしました。」という根拠にもなっていないようなエントリー根拠なので理解できてないんですよ。

自分でエントリーした場所なのに「記憶に御座いません。」と都合良く頭の中でデリートしちゃってるんです。もう最悪。(過去の自分)

そんな意味のないエントリーを100万回繰り返してもトレードはうまくなりません。

『負けてもいいから、反省に繋げられるトレードをすることに意味がある』と気づいた2020年冬。

余計な所、変な所のエントリーを日々見返し反省

FXでは環境認識をして、シナリオを立てます。

そのシナリオに合致するまでは、基本「待ち」です。待ち商売。

しかしただ待っているだけでは勿体ないですし、また変な所でエントリーしたり余計なことをやらかすかもしれません。

そんな隙間時間は過去の負けトレードを見返し反省する時間に使ってください。

自分のDaiジェスト(負けトレード集)を見れば、

  • 5分足ガン見負けパターン
  • 200MAのみ根拠負けパターン
  • 数値しか見てない負けパターン
  • 直前の勢い無視パターン

など様々な恥ずかしい負けトレードが閲覧できます。(※無い人は作成することをオススメします)

「いや、意味わかんないから。」など、その負けトレード集を見てぶつぶつひとり言をつぶやきながら、僕は反省しています。(病的ですが気にしません。)

ある程度反省が終わったら最後に、

  • 負けて反省しないと、またやられるぞ。
  • いつもと同じ負けを繰り返さない。

 と自分に言い聞かせます。

すると自然に変な所でエントリーしようとしたらストップがかかるようになっている自分が出来上がりました。

第3者に余計な所・変な所のエントリーについて話す

勉強会では毎週、座談会と呼ばれる参加者の方とオンラインでお話しできる機会があります。

その時に、先輩トレーダーや一緒のお席になった方々に自分の負けトレードをさらすのはかなり効果的だと気づきました。

正直、先生の毎週週末の解説動画で「正解のエントリーポイント」は詳しくお話して頂いているので、

その「正解のエントリーポイント」の答え合わせや内容の理解は、やろうと思えば自分でいくらでもできると言えばできるんですよね。

しかし、自分が負けた所の理解や反省は中々難しかったりします。

そこで、利用するのが『座談会』です。

誰かに負けトレードをさらしたりするのは、正直恥ずかしい気持ちもありますが、

今後先の長いトレーダー人生を考えれば、理解できない方がよっぽど恥ずかしいのでオススメです。

僕も恥ずかしながら何度か座談会で負けトレードを公開したことありますが、

正直勝ちトレードを報告するよりも、負けトレードについて参加者の方と一緒にあーだこーだ議論する方がめちゃくちゃ思考の整理に繋がっていいことに気が付きました。

自分が勝てた正解のトレードは次も恐らく体に染みついているのでできます。

しかし、問題は負けトレードです。(負けがなければ、理解ができないエントリーポイント等)

勉強会の中では、特に勝てているトレーダーの人は懇切丁寧に教えてくれるので、プライドを捨てて負けを公開しましょう。

僕の所感としては、負けトレードの報告の方が盛り上がって面白いです。(※seiten調べ)

心に”恥ずかしい経験”を刻まないと、またやらかすのが人間。

 FXがうまくなるためには、”恥ずかしい経験”や失敗をたくさん先にしたもの勝ちです。

逆に、この貴重な経験をないがしろにすると、必ずまた同じところで負けます。

なので、人に笑われたり怒られたり、指摘される経験も学習者の段階では必要なのだと日々気づかされます。

心に自分の恥ずかしい失敗を刻むことで、「次はこんなミスするものか。」と深く反省できると今では確信しています。