FX戻り売りシナリオならここ!見逃したなら諦めなさい。

f:id:gupio317:20200218175712j:plain



FXでの鉄板トレードと言われているのが売るなら「戻り売り」、買うなら「押し目買い」。

ではその「戻り売り」と「押し目買い」を狙うのには何が必要かと言えば、毎日のシナリオ作り。

今回は私が実際にその日に立てたシナリオとその時にどう考えていたのかをお話します。

結果としてはシナリオ通りになったものの見逃しました。

FXトレーダーはシナリオ立てが必須。

FX勉強会の先生は毎日必ずその日のチャートを見て、値動きがどうなるのかをシナリオ立てしなさいと仰られています。

もちろん最初はシナリオ通りになりませんし、うまくトレードをすることが出来ませんが、そこは根性で続けて行くしかありません。

FXのシナリオをどう立てるのかについては先生が配信されているyoutube動画で解説されているのでご覧になってください。

www.youtube.com

ではシナリオを立てた後はどうするのか。

それはその後の値動きを見て、シナリオに合致すればトレードする。

合致しなれトレードしない。

私が立てたFX戻り売りシナリオ。

2020年2月10日ポンド円。

この日の朝私は以下のような環境認識をしました。

1時間足では下降エリオット波動5波が終了した後にかなり強い上昇が発生したものの、下降エリオット波動3波で上昇の押し目候補であるフィボナッチリトレースメント61.8%を抜ける強い下降発生。

ということは売りの圧力が強いと判断できます。

f:id:gupio317:20200218173752j:plain

ではこの日のシナリオはというと。

①このままグイグイと下降していくのであれば、下降エリオット波動3波継続で小さな押し目を待って20pipsから30pips程度売る。

②下降エリオット波動3波が終了して4波が発生するのであれば、5波発生を待って売る。

買いは考えていませんでした。

そしてシナリオ①は個人的に苦手なので、②を重視して相場を見ていました。

f:id:gupio317:20200218174247j:plain



FX戻り売りのシナリオは細部まで絞り込む。

シナリオでは戻り売りを狙いたいと環境認識から立てたのですが、具体的にどうなったらエントリーするかという具体的なところまで考えないと実際に対処することが出来ません。

戻り売りをするのであれば、どこが戻り売りポイントなのかを知ることが大事です。

ポイントとして一番分かりやすいのはフィボナッチリトレースメント38.2%もしくは61.8%付近。

そして狙っているのが下降エリオット波動5波なので、4波というのは1波の安値で止まることが多々あるということも考慮しておきます。

f:id:gupio317:20200218174300j:plain

戻り売りのシナリオ通りになったもののトレード出来ず。

朝に立てたシナリオに沿ってその日私はFX相場の値動きを観察していました。

5分足では綺麗な山を描いて上昇してきており、そこにフィボナッチエクスパンションを当てると戻り売りのシナリオで想定していたポイントに161.8%があります。

ここまで来て良い形になれば売りたいなと。

その後はシナリオで立てて細部まで絞り込んだ水準から実際に下降しました。

エントリータイミングも分かりいやすく、FX勉強会の先生は良く相場というのは「3」という数字が良く効くと仰られている通りに高値を3回試して止められるという形出ていました。

売るとすれば矢印がいいですね。

f:id:gupio317:20200218174617j:plain

なぜ私が戻り売りのシナリオ通りになったのにも関わらずトレードしなかったのか。

この時間というのは夜23時で私はこの時間にはほぼ寝ているのでFX相場を見ていなかったんです。

これはしょうがない。

諦めるしかありません。

前日の戻り売りシナリオは翌日も同じく継続?

トレード出来なかった。悔しい。

じゃあ翌日も前日の戻り売りシナリオを継続してFX相場を観察していいのか。

そんなわけありません。

FX相場は常に変化しているので、その日その時でシナリオを立てて行かなきゃいけないので、前日のシナリオは一度リセットして再度シナリオを立てます

そこからFX相場を観察することが必須です。

FX戻り売りシナリオ合致を見逃したら諦めて、次のチャンスを待つ。

FX相場は月曜日から金曜日までほぼ毎日動きます。

その日立てたシナリオに合致したもののトレードを見逃した時でも、次の日があります。

次の日も見逃したとしてもまた次の日があります。

なのでトレードをするチャンスというのはいくらでもあるんです。

だから見逃したら諦めて次のチャンスを待ってシナリオに合致してトレードできるところだけをやればいい。

トレードすることももちろん大切ですが、私のようなFX学習者が一番やるべきことは毎日シナリオを立てて、実際にどうなったのかを復習することです。

トレードしたい!という気持ちは焦りですよね。

焦りは余計な感情を生み出します。

余計な感情が生み出されると余計なことをします。

余計なことをすると損失を出します。

これをしないための毎日のシナリオ立てです。

チャンスは必ずあります。

諦めずにまずは毎日シナリオ立てしましょう。

シナリオに合致したらトレードしましょう。

と毎日私は自分に言い聞かせています。

そんなに器用ではないのでなかなかうまく行きませんが…。

さあ今日もFXの学習頑張りましょうね。