FX下降相場恐るべし。32対5が示すのは初心者トレーダーが安易に逆張りをやらない方がいい圧倒的数値結果。

f:id:gupio317:20200329142939j:plain

FXポンド円2月27日から3月18日の期間で区切ったFX相場というのは誰がどう見ても下降相場。

FX勉強会では毎週末に先生による1週間分の詳しい動画解説が配信されるのですが、ふと思い立って上記期間でのエントリーポイントを1時間足に洗い出してみたところかなり単純なことをしただけですが、これを見るときっと逆張りって初心者トレーダーには難しいし、恐ろしいんだなと再認識出来たので共有させて頂きます。

それでは恐ろしい話をしていきましょう。

FX下降相場で32対5が示すのは良いエントリーポイントの数

まずは画像をご覧ください。

f:id:gupio317:20200329143302j:plain

画像は1時間足です。

そして下向きの矢印が売りのエントリーポイントで上向きの矢印が買いのエントリーポイントです。

売りのエントリーポイントが32回。

買いのエントリーポイントが5回。

この数が示すものは何なんですかね。

単純にこの時の相場では売りのエントリーポイントが32回あって、買いのエントリーポイントが5回だったということなのか。

f:id:gupio317:20200329143456j:plain

環境認識においては売りが順張り、買いが逆張り

この時の相場の環境認識を4時間足で見てみましょう。

全体が分かるようにチャートを縮小しています。

f:id:gupio317:20200329143601j:plain

上昇から横這いを経て下降へトレンド転換してきた局面で4時間足レベルでも下降トレンドになります。

下降トレンドということは順張りは売りで逆張りは買い。

それを踏まえて今回のFX相場におけるエントリーポイントの数というのは順張りでの売りが32回、逆張りでの買いが5回ということです。

その後は約3週間程下降し続けました。

FX逆張りのエントリーポイント5回であなたは何回チャンスを掴める?

約3週間の中で逆張りエントリーポイントはたったの5回。

それらすべてを私を含めて皆さんもエントリーして利益を出すことが出来ますか?

専業トレーダーではなく兼業トレーダーの方であればご自身の仕事もあるだろうし、生活での時間帯で相場を見れる時間が限られることもあると思います。

5回ある逆張りのエントリーポイントを5分足でチャート分析ではなく、エントリー時が何時なのかであなたの生活環境においてチャートを見ていられる時間なのかを実際に見てみましょう。

①2020年2月28日17時頃(赤い縦線部分)

f:id:gupio317:20200329144053j:plain

②2020年3月5日0時頃(赤い縦線部分)

f:id:gupio317:20200329144127j:plain

③2020年3月11日15時頃(赤い縦線部分)

f:id:gupio317:20200329144207j:plain

④2020年3月11日21時頃(赤い縦線部分)

f:id:gupio317:20200329144313j:plain

⑤2020年3月14日11時頃(赤い縦線部分)

f:id:gupio317:20200329144350j:plain

あなたがFX相場のチャートでトレードに向き合える可能な時間でエントリー出来るタイミングは何回ありましたか?

普通に仕事をしている兼業トレーダーの方であればおそらく1回から2回程度かと思います。

では私もそうですがFX学習中のトレーダーが生活スタイル的にトレード可能な時間においてこのエントリーポイントを正しく確実に掴めるのでしょうか。

もしかしたら順張りが基本のトレードの中で逆張りばかりを狙っていたら他の余計なところで「ここから上がるだろう」というだろうトレードで結果としてトータルでは損失になっているんじゃないですかね。

FXにおいては逆張りは順張りよりも初心者トレーダーによっては圧倒的に勝てる確率が低い

今回ご紹介の相場においては売るということが相場の自然な流れに沿ったトレードであり順張り。

例えば、その相場の自然な流れに沿ってトレードをしました。

ただまだFX学習中の初心者トレーダーで正確なエントリーポイントではないポイントからエントリーしてしまいました。

こういうことはFX学習中には多々あります。

それでも前提として相場の流れに沿った順張りトレードをしていれば、数十pipsもしくは数百pipsの含み損を抱えたとしても、その後の結果としては建値もしくは微益で利確出来ることが多くあります。

利確で勝ちトレードを増やすことはFXでの勝てる思考を広げるということにも繋がります。

そして正確なエントリーポイントを掴めなかったとして含み損を抱えてもその後の相場の値動きをしっかりと見て、今後更にトレードの制度を上げるために何がダメだったのかどうすればよかったのかを正しく学習することが出来ます。

逆張りよりも順張りの方が初心者トレーダーにとって勝率が上がるだけでは無く、値動きの学習にもなるという利点まであります。

初心者トレーダーにとっては良いことだらけですね。

逆張りももちろんトレーダーとしてのレベルによってはとてもFXの勉強になるのは間違いありませんが、まずは順張りを基本にトレードしてみるといのが良いんじゃないかと思います。

それにしてもこの32対5の数値は恐ろしいですね。

他の下降相場や上昇相場でも同じことが言えるんですかね?

ちょっとこれについても過去相場で学習してみたいですね。

さあ今日もFXの学習頑張りましょうね!