FXで複数通貨ペアの監視は初心者には向かないからやめよう

f:id:doel1693:20200412120007j:plain

複数の通貨ペアを監視しましょう。

なぜならFXでは通貨の強弱の見極めが非常に大事だからです。

「なに~(歓喜1回目)」

目からウロコ、寝耳に水。そんな大事なことがあったんだ。

知らなかった。

当時通貨の強弱を見極めたら、やってFXで勝てるようになるやん!

本気でそう思いました。

 

複数通貨ペア監視したら余計に負けた

ググりまくって、某サイトを見つけ毎日必ずチェックしました。

f:id:doel1693:20200412115955p:plain

こんな具合に可視化してくれています。

そこで何をやっていたかというと。グラフの一番上(最強)と一番下の通貨(最弱)のペアを選んで単純に買う、売るということをしていました。

だって強弱を監視したら、今どの通貨を買って、どの通貨を売る“べき”かがわかり、取引“すべき”通貨ペアがわかるって書いてあったから。

でもその日の最強最弱ペアはスプレッドが広いから、下から2番めのにするか!

でもそれだとマイナー通貨だからよくわからないしなぁ。

じゃあ 上から2番目の・・・恥ずかしいので以下省略。

結局小手先の取り組みも虚しく、余計に負けました。

そして通貨の強弱を見られるサイトも見なくなりました。

複数通貨ペアを監視して何がしたいのか

f:id:doel1693:20200412120117j:plain

結局複数の通貨ペアを監視することにどんなメリットを感じていたのかというと、取引回数が増えるということ。

言い換えるとチャンスが多くなる、トレードをより多くできるということ。

通貨の強弱も状況がどんどん変化するはず。その強弱の情報の賞味期限はどのくらいなんだろうか。

当時は気が付かなかったが、複数の時間足をチェックして相場に臨むわけで5分足、1時間足、4時間足で強弱って違ってくるはず。

FXは値動きの意味を考えなさい

「値動きの意味ですか??(歓喜2回目)」

ちゃんと頭を使って値動きを見なさい。ツールを使って小手先でやるのではなく、なぜ?と疑問を持って相場を監視する。

通貨ペアも絞って、徹底的に監視する。

正誤は一旦おいといて、こういう見立ての上でこんな判断から買います、または売ります。

勉強しないと何事もなせるようにならないということ。

サインが点灯したら売買します。条件反射的にやっていてもFXでは勝てるようになりません。

 

4月に入ってからのポンド円の動きをどう見ていたか。少し書いてみたいと思います。

間違っていてもいいと思っています。恥でもなければ恥ずかしいこともない。

こう言うことを繰り返して、FXがどんどん上達するのであればこんな良いことはない。

f:id:doel1693:20200412120353p:plain

3/30~4/6まではこんな感じ。

f:id:doel1693:20200412120921p:plain

4/6~4/11までがこんな感じ。

トレードできるかもと考えたタイミングが4/8にあったのですが、入れませんでした。

f:id:doel1693:20200412121129p:plain

トレードできませんでしたが、その後思惑の方向に伸びていったので

「いい見立てをしてたのかもしれないなぁ」と思いました。

実際にトレードしていなくても、良い頭のトレーニングになっていれば意味があると思っています。

値動きの意味を自分で考えて、解釈してアウトプットもする。もっとアウトプットの量も増やしたいところですが淡々と続けてい行きたいと思います。