FX正しいスマホのシンプル手法。スマホトレードで50pips利確の解説付き。

f:id:gupio317:20200501145753j:plain

「スマホでFXはするな!」って世の中では言われたりしています。

FX勉強会の先生は以前はスマホトレードはダメですと仰られていたようですが、今はOKとのこと。

なぜでしょうか。

結論から言うと「そもそもFXで勝てないのはスマホだからではない」。

今回はFXの正しいスマホ手法を詳しく解説し、私が最近行ったスマホトレードの経緯もお話します。

シンプルなスマホ手法だからこそFXで使える!

スマホトレードで合計50pips獲得した正しいFX手法

f:id:gupio317:20200501150046j:plain

2020年4月28日ポンド円にて出先よりスマホでトレードしました。

画像の赤い矢印からエントリーして赤い★印で利確。

合計50pips獲得しました。

なぜスマホから矢印でエントリーしたのかをまずはお話しますね。

スマホトレードする前のFX環境認識

f:id:gupio317:20200501150235j:plain

1時間足(赤い縦線部分)。

高値から強めに下降してきて、その後も戻しといったような局面。

戻しが時間を掛けてジリジリと上昇しており、時間が経ってもなかなか上昇していきません。

しかも全体下降のフィボナッチリトレースメント38.2%でずっと止められています。

時間を掛けても上昇せずに38.2%という浅めの戻しで抑えられている値動きの意味としては「下降が強い」ということ。

なのでこの日の朝の時点では売り目線で考えていました。

スマホトレードする前のFX細かな値動きの確認

f:id:gupio317:20200501150503j:plain

チャートを確認した際にローソク足はまだ画像までくらいしか出来上がっていなかった状態でした。

下から強めに上昇してきた局面で1時間足で当てていたフィボナッチリトレースメント38.2%まで上昇し、一応抑えられて下降していますが、そこはまだ上昇の範疇。

戻しから再度上昇して行きました。

そしてまた38.2%で抑えられて下降しています。

この時点で私は青いトレンドラインを引いており、その後緑ラインのような値動きになるなら緑の○印くらいから売りたいなと思っていました。

FXスマホトレードする前にシナリオを含めてどういう値動きになったのか

f:id:gupio317:20200501150801j:plain

その後の値動きを見てみると途中まではシナリオっぽい感じで動きましたが、バイーンと強めの上昇が発生しました。

この時点であれ?シナリオ通りにならなそうだから見送りかなーと思っていました。

バイーンが発生した所から外出しなければならなかったので、その後はスマホでチャートを確認することになりました。

FXスマホトレードでのエントリーから利確まで

f:id:gupio317:20200501150957j:plain

外出時にチャートを確認するとかなり強い上昇で1時間足FR38.2%を上抜けています。

スマホでチャートを見ると画面が小さい分かなり大きな上昇に見えてしまいますね。

あーやっぱりシナリオ通りにならないかなとここでも思っていましたが、高値付近で小さく3回止められて強めの下降が発生しました。

しかも何回も止められていたFR38.2%に再度潜るような形。

その後の戻しもしっかりと弱く波を付けて抑えられています。

ここまで確認してスマホエントリー。

利確はバイーンが発生した付近まで保有できればいいかなと思っていたので、その付近で合計50pips利確しました。

FXの正しいスマホ手法は至ってシンプル

f:id:gupio317:20200501151244j:plain

スマホでのトレードを結構難しく考えがちですが、FXにおけるスマホ手法というのはとてもシンプルです。

「スマホではエントリーと決済だけを行う」

たったこれだけです。

スマホ手法はこれ以外にはありません。

というかこれ以外は出来ません。

その理由とじゃあどうすればいいのかもしっかりお話します。

FXのスマホ手法「エントリーと決済だけを行う」理由

f:id:gupio317:20200501151431j:plain

FXにおけるスマホのチャート画面というのはかなり小さい。

ローソク足をかなり細く設定した状態でも表示できる幅が狭すぎる。

FXのトレードにおいて大事なのは値動きになるので、この状態だと値動きがほとんど把握出来ません。

車の運転と同じですね。

視野が狭い状態で運転したら高い確率で何らかの事故を起こします。

FXのスマホトレードにおける最大の弱点がこれです。

逆にスマホトレードの利点というのは外出先だろうが移動中だろうがいつでもエントリーすることが出来ます。

じゃあスマホ手法を生かすためにどうすればいいのか。

FXのスマホ手法を実践する前にやるべきこと

f:id:gupio317:20200501152510j:plain

FXでスマホ手法を実践するのは最後の最後。

その前にはPC等の大きなチャート画面で上位足(4時間足や1時間足)の環境認識を行い、その環境認識に沿ったシナリオを立てる。

シナリオを立てたらエントリータイミングを計る下位足(15分足や5分足、1分足)での想定出来る値動きを何パターンか頭に入れる。

スマホでもインジケーター等はあると思うので、想定した値動きパターンに沿った適切なインジケーターを事前に当てて置く。

このような手順を踏めばスマホ手法は使えます。

スマホ手法の利点を生かすことが出来ます。

FXはスマホ手法だろうが何だろうがシンプルに利点を生かすことが大事

f:id:gupio317:20200501152820j:plain

FXのスマホ手法はシンプルです。

というか難しいことを考えても多くの人が使いこなせません。

なので利点のみを生かして存分に使いましょう。

その為にやるべきことはお話しました。

利点を生かすも殺すも自分次第です。

何事も事前準備というのは大事ですよね、

この準備を怠ってはいけません。

怠った上でのスマホ手法は視野の狭い車の運転です。

しっかりと視野を広げた上でシンプルなFXスマホ手法を生かしてください。

使いこなせればいつでもどこでもチャンスは生まれます。

さあ今日もFXの学習頑張りましょうね!