【FX 勉強方法】サラリーマンとFXの両立をしながらFX学習していく方法を公開!

今回は、私が一日をどのように過ごしているかをご紹介致します。

日中はサラリーマンをしているのでもちろん一日の全てをFXのために割くことが出来ません。

そのような環境下で私なりに試行錯誤して工夫している点をご紹介致しますのでご参考にしてください。

もし、なんとなく一日これをやろうと思っている方がおりましたらぜひこの機会に目的意識をもって取り組まれることをお勧めします。

これにより仕事で忙しくFXに時間が割けない中でも限られた時間を有意義に活用できます。

仕事とFX学習を含んだ実際の一日の流れ

f:id:huku1015:20200513134855j:plain

こちらが私の一日のスケジュールになります。

仕事が大半を占めてしまうためどうしてもFXの勉強だけに費やせる時間が少ないのが現状です。

赤枠で示した箇所がFX関係の時間になります。

「勉強」だけに絞ると通勤時間と帰宅後の約2時間/日の量になっています。

朝の活用

「朝活」が流行っており、私も学生時代から何度も試行錯誤しながら挑戦していましたがことごとく睡魔に敗北し続け、それに伴い失望感も増えていくため今は勉強するために早く起きることを諦めました(笑)

朝は最低、「シナリオ」を立てる30分を確保しています。

通勤中にスマホ等でシナリオを立てることも可能ですが、私には画面が小さいとどうしても相場を俯瞰できない感じがするため自宅の落ち着いた環境で取り組むようにしております。

また、この時に自分が今週のトレードで意識する点や負けパターンを再確認して、1日同じことをやらないように意識付けしています。

電車の活用

サラリーマンの多くの方はこの時間があると思います。

私は受験勉強の時もこの時間をとても大切にしており、サラリーマンの方はこの時間の使い方で将来大きな差が出るのではないかと思っています。

数十分でも積み重なると膨大な学習時間になります。

この時間は、主に「知識のインプット」を目的に活用しています。

先生のブログや動画を繰返し利用し、抜けていた考え方などがあったらスマホのメモに残しています。

11235813213455.net

繰返していくと、「あ、これはもう無意識レベルで出来ている」など自身の成長段階も把握できるのでとても良いです。

私の場合は、座ってしまうと数秒後には寝てしまうのであえて立っています。

些細なことですが、いかに集中できる環境を自ら作っていくかが大切です。

仕事中の活用

私の職場は幸いにもスマホを自由にみることが出来る環境のため、朝に立てたシナリオ通り相場が動いているかを随時確認しています。

最近はスタンドにスマホを立てて、画面を暗くして横からはチャートが見えない状況で目線をずらしたらすぐにチャートが見えるようにしています。

画面を1回1回開く必要がないのでチャートを見るストレスがとても減ります。

仕事中は、「シナリオのパターンになったか」に注意しています。

私の場合は、職場だとどうしても自宅でやっているチャート分析よりも精度が落ちるような感じがするので朝のシナリオと違う感じの動きをした際は深追いをしすぎないようにしています。

シナリオとあった場合はエントリーをしています。

勉強会内の先輩が教えてくださったツールで「AnyDesk」という自宅のパソコンをスマホで遠隔で確認・操作できるものがあります。

どうしてもスマホのアプリではチャートがと・て・も範囲が狭く、見にくいのでこちらを活用しています。

※パソコンは付けっぱなしになるので、ご家族に秘密でやっている方はご注意ください。

トイレや昼休憩時には、勉強会内のトレード報告を確認し自分の分析との相違を確認しています。

自宅の活用

自宅での学習は帰宅後の1時間になります。

当初は夜中の3時近くまでやってみたりしましたが、睡眠時間が確保できないとダメなことがわかり長期的に続けられる範囲に抑えることにしました。

自宅では主に「CS(ケーススタディ)」を1週間分やっています。

www.youtube.com

学習当初は、各種ツールの使い方、エントリーしやすいパターンの把握を目的に1週間分など関係なくやっていました。

現在は、1週間という時間軸で「値動きの意味」を精度高く判断し、どういうパターンだとエントリーポイントに気づけるのか気づけないのかということを把握することを目的に取り組んでいます。

最後に一日の相場の振返りを行っています。

シナリオ通りに動いたか、動いていた際にしっかりエントリーできたのか、なぜできなかったのか。

もしくは、なぜシナリオにないのにエントリーしてしまったのかなどを確認しています。

「事実」と「感情」の両方を記載しておき、週末の先生による解説の際に両方の観点から反省できるようにしています。

FX学習に疲れた時にやっていること

仕事が忙しかった時や、週末付近は帰宅後の勉強がとてもしんどい時が多々あります。

その時は、自分がFXだけで生活できるようになった時にしたい動画などを最初の10分くらい見てモチベーションを上げています。

勉強を続けていていると勉強が目的化して作業となり、しんどい作業は集中力を欠いたり途中でやめてしまう可能性が大きくなります。

そのため、目的を動画で明確にし、このために頑張るぞと奮い立たせています。

しかし、もうチャートを見ても眠気しかない時はやっても意味がないので寝ます。

メリハリがFX学習を長く続けるコツ

f:id:huku1015:20200513135603j:plain

誰だってずっと意識を張った状態で走り続けることは難しいと思います。

私は、月曜をピークにHPが減っていきます。どうしても週末近くは疲れも溜まりFXの学習の体力も減っていきます。

それを土曜日の先生による相場解説や座談会でリフレッシュし、日曜日に来週は●●を意識して頑張ろうと気持ちをリセットして1週間の中でメリハリをつけるようにしています。

今回ご紹介した取組みも常に試行錯誤しながら変化させているのでまたうまくいった事例が出来ましたらご紹介致します。