【FX勉強法】知らないと損する!FXで勝てる手法を身に着けるFX学習継続の技術

YoutubeにはFX手法の動画はたくさんあります。FX勉強会でもたくさんのYoutube動画があり、それらを見ていくだけで手法を学ぶことができます。

www.youtube.com

実際の相場でその手法通りのエントリーができればすぐにでも勝てるトレーダーになれるわけですが、それを身に着けるまでには様々な工夫が必要だと思います。

相場で勝つために必要な手法はどうやって自分のものにしていくのでしょうか?

一つの答えはケーススタディにあると思っています。ケーススタディとは過去のチャートをみて、マルチタイムフレームで分析を行い、実際にトレードをどのように行うか、ということをチャートに書き込んでいく、というものです。

ただし、その勉強は、不断なく継続していく必要があります。

自分自身も勉強中の身ですので、勉強についてさまざまなやり方、そして学び方について考えるようになりました。

もちろん勉強会でもお勧めの書籍などが紹介されていますが、今回、たまたま子どもの勉強のために買った本の中で、いくつかの技術が自分の中で響いたものがありました。その内容をピックアップして、私たちトレーダーも意識することで勉強の効率よくなる方法を紹介できればと思います。

FXの勉強モードへの切り替えのルーティンを作る。

 FXの勉強に向けて自分の気持ちが乗らない(そんなことがあってどうする!というお叱りもありそうですが)時の対策として、FXの勉強モードに切り替えるためのルーティンを作るのはいかがでしょうか。

ちなみに、「モード切替」とは「勉強のような遊びのような作業をやること」です。いきなり本題をやろうとすると上がらなかった腰も、手を動かしていくうちに、だんだんと手を動かすことが自然になります。


私の場合、FX手法のYoutubeの動画の視聴や先生のヅイッターを見ることで「よし、勉強していこう」という気持ちになってCSを行っていることが多いです。

インプットをしていくうちに、「自分で過去のチャートで確かめたい」という気持ちが湧いてきます。脳科学者の池谷裕二さんの本にも書かれていたのですが、「やる気をだすためには、まず始める」。とっかかりになる行動をやってみることになります。始めることで作業興奮と言われる、やりたくてしょうがない状態に入ればしめたものです。

FXトレードで次は勝てる!「入れなかったトレードは宝」の直しノート

過去チャートを見ていると、「ここで入れば勝てたのはわかるけれど、どうやって分析していたら入れたんだろう」というわからない相場が出てきます。

もちろん相場全てを理解するのは無理がありますが、もし分析できていたらトレードして利益が出せていたのだとしたら、わかるようになりたいですよね?

そうであれば、入れなかったトレードの場所、もしくはトレードを失敗した場所をキャプチャしておき、答えと解説、なぜ間違ったか、これからどうすることで正しくやれるか、などを書く「直しノート」を作ることが書籍では勧められています。

f:id:ikumick:20200528214713p:plain

直しノートの例

このやり方については勉強会ではほかの方もいろんな形で振り返りを行っているかもしれませんが、自分もまだまだ検証が足りていないので、書籍で紹介されている直しノートを作ってやることにしました。

私が現在実際に行っているのは、他の方がトレードしているところで自分がわからないところを見つけた際に、その箇所でケーススタディを行い、過去のチャートにおいて同じような動きをしている箇所を改めてケーススタディをしていきつつ、原因と対策を記載する、ということをしています。

FXの勉強を継続させるには他人との競争ではなく、自分との競争を意識する。

また、FXの勉強を継続し、勝つために必要なことは他人との競争ではなく、自分との競争を意識することである、ということも書籍に書かれています。

FXは誰かより早く稼げるようになった、とか自分の方が誰かより獲得pips数が多いからどう、なんていうことは本来存在しません。

そもそも勝てるようになる過程で、助けになるアドバイスをいただいたり、自分の拙い解説を聞いてくれる人がいなければ、なかなか自分のトレードスキルは確固たるものになっていきません。

このブログを読まれている読者のみなさんは人との比較などせず、自分の勉強に邁進されている方がほとんどかもしれませんが、私自身がついつい人のことを気にしてしまい、劣っているのではないか?と気になってしまい、手が止まってしまう時があります。

そんなことを思っていたころがあったのですが、そんなときに先生の言葉で目からうろこが落ちたことがありました。

「アンタが勝っても負けてもどーでもいい」。

確かにその通りで、自分が勝とうが、けちょんけちょんに負けようが、ほかの人の生活にはほとんど影響はないでしょう。

変に他者の目を意識してしまうのは行動を妨げるだけのロスでしかありません。

FXもとにかく自分のために勉強をしていくことが大切だな、と感じます。

実際にFX勉強会の手法動画からケーススタディしてみる

ここでは紹介した2番目の技術、自分の直しノートに実際にある、「急騰する相場、急落する相場でのエントリーポイントの取り方」について考えてみます。

f:id:ikumick:20200528215117p:plain

急な相場についての直しノート

それでは実際に勉強会の先輩にあたる「noriさんのYouTube動画」の中から、下記の動画の中で紹介されている手法を過去のチャートでケーススタディしてみたいと思います。

www.youtube.com

詳しい内容は動画に譲りますが、私が自分に取り入れたい、と思ったのは急上昇する相場や強く下落していく相場でどうやってエントリーポイントを見つけてしっかり利確するのか、という内容でした。

どうがでnoriさんが告白していますが私も正直、急な上昇、急な下落がとにかく苦手で、手が出すことができませんでした。

勉強会でたくさんの報告を見るたびに、どうやったらこの相場で入れるのだろうか、とここ最近は自分のケーススタディを一方的な下落に絞って行ったりしていました。

というわけで実際に動画の中の手法を学びます。

今回のnoriさんの動画では、急騰する相場、急に下落する相場で使用すべき5つのツールが紹介されています。

  1. 小さなエリオット波動
  2. 移動平均線
  3. フィボナッチリトレースメント
  4. フィボナッチエクスパンション
  5. トレンドライン

これらを駆使して、エントリーポイントを探すのですが、ここでは2020年3月13日の一方的に下降が続いた相場を用いてケーススタディをします。

f:id:ikumick:20200528150209p:plain

2020年3月13日 4時間足

まず、4時間足では下落からの戻しがFR38.2越えて、その後に山三つをつけて下がってきました。

次の下位足では1時間と5分足のちょうど間くらいの縮尺が分かりやすいので、縮小した5分足で説明します。



f:id:ikumick:20200528145904p:plain

2020年3月13日 5分足

直近の最安値から小さいエリオット波動が出て、トレンドラインも引ける上、参考までに引いたフィボナッチリトレースメントの38.2付近から売りが、また、同じ個所で引いたフィボナッチエクスパンションの161.8からも売りができることがわかります。

苦手な相場でしたが、noriさんの動画を拝見したことからケーススタディをして、入れなかったトレードに対して、5つのツールを使ってエントリータイミングを掴むケーススタディができました。

この記事のまとめ

今回はFXで勝てる手法を身に着けるための勉強を継続していくにあたって子どもの勉強テクニックを紹介しました。

そのテクニックとは

  1. モード切替のルーティンを作る
  2. 入れなかったトレードは宝。直しノートについて
  3. 他人との競争ではなく自分との競争を意識する

という3つでした。

また、偶々でしたが、FX勉強へのモード切替のために観させていただいたnoriさんの動画で紹介された手法から、実際にケーススタディを行い、その手法を確かめるという勉強も紹介しました。

記事の最後に参考までに、今回(子どものために)読んだ本を紹介します。

https://www.amazon.co.jp/dp/456984362X

それではFXの勉強、頑張っていきましょう!