【FX】先週のFX相場で50pips以上取れる絶好エントリーポイントを逃しました。

f:id:huku1015:20200610231551j:plain

今回は勝てるエントリー方法のお話ではなく、エントリー出来なく悔しい想いをした時に何をやるのが良いかということを実体験も含めてご紹介します。

少しでも自分のエントリーパターンを身に着けたいと思っている方はぜひご覧ください。

先週のFX相場で50pips以上取れるエントリーチャンスを2回も逃しました

f:id:huku1015:20200610231637j:plain

f:id:huku1015:20200610231647j:plain

先週の週初めのこの2箇所、勉強会内ではたくさんの勝ち報告がありました。

私はその2箇所をリアルタイムで見ており、絶好のチャンスだと思ってタイミングを待っていました。

しかし、獲得利益は「0pips」。

見事にチャンスを逃しました。

シナリオになく「わからない」と思っていた相場であればまだ諦めがつきます。

今回はシナリオにもあり狙っていた分、負けてはいませんがとても落ち込みました。

久しぶりに「無理やりでもエントリーしたい!」という悪魔の囁きが出てきそうなほど情けなく悔しい想いをしました。

過去チャートを使ったFX学習法で勝てないトレーダーから勝てるトレーダーへ

悔しいと想い続けても利益は出てきません。

過去チャートを活用して今回と似たような相場を探し、FX勉強会では「CS(ケーススタディ)」と言っているやり方で相場の動きやエントリータイミングを頭に叩きこんでいきます。

私はよく負けた相場やエントリー出来なかった相場があった際に、過去に似たような状況の相場を探して何度もエントリーの仕方を練習し身体に覚えこませます。

先生がこちらのやり方をご説明してくださっている動画があるのでご参照ください。

youtu.be

今回と似た過去のFX相場を参考にエントリーポイントの検証

実際に先週と似たような相場が「2019年4月4日」にありましたので、こちらをもとに検証してみます。

5m

f:id:huku1015:20200610233955j:plain

[1]安値から強めに上昇しています。

[2]200MAを上抜けています。

[3]戻しも弱くプカプカ浮いているような動きです。上昇の勢いが強い証拠です。よく見るとエリオット波動の形をして戻しています。

[4]エリオット波動が終了しても下げる様子がなく、200MAも下抜けない様子です。

[5]下げないことを確認して買えそうです。

4h、1h

f:id:huku1015:20200610234550j:plain

上位足の様子を見ていきます。

[1]4h足、1h足ともに安値からV字のような強い上昇が起きています。

[2]且つ前回安値付近でもあり、下げ止まりの合図の可能性もあります。

結論

下記のような状況なら買いを狙えることが多いことがわかります。

[上位足]

直近の安値と思われるところからV字のような形で強めに上昇している。

[5m足]

強く上昇した証拠が出た後の戻しが弱い。(プカプカ浮いた感じ)

その戻しがエリオット波動のような形で下降している。

200MA付近でそれ以上に下げようとしない。

上昇トレンドにおける順張りエントリーパターンを習得!

上記のように、勝てた・負けた・エントリー出来なかった相場をもとに似たような相場を過去で探して繰り返し練習していくと、それが自分にとって「勝てるパターン」「負けるパターン」「苦手なパターン」となっていきます。

あとは、負けるパターンはスルーしていき、苦手なパターンをできるだけ勝てるパターンにしていくことがより安定して勝てることにつながると思います。

私は、ぐいぐい上昇する相場が「苦手なパターン」なので、実践、検証含めて重点的に勉強していこうと思っています。