FXでずっと勝てるようになる!努力継続のやり方

f:id:ikumick:20200611213559p:plain

みなさん、努力は得意ですか?

私は苦手です。苦手なんですが必要なことはわかっています。

必要なのがわかっているのでどうやったら努力を継続できるか、ということを考えます。勉強会でも書籍が二冊、紹介されていてそれらからも学ぶことができます。

11235813213455.net

今回は、FXには直接関係のないブログBooks&Appsの中の記事「 「続けられない人」は、「練習方法」にフォーカスすると良いかも。」からFXで勝ち続ける人になるための努力について紹介します。

ご興味ある方は別途ご覧いただくとして、今回はFXで勝てるようになるために必須となる努力について、上記記事内容とFX勉強との共通点と、継続して学んで勝てたトレードを紹介します。

FXで使える努力を継続する方法とは

先程紹介したブログ記事の中で「努力を継続する方法」というのがあります。

努力を継続する方法

  1. 目標は小さく細かく近く(達成感が肝心)
  2. まず始めてみて、大事なことは残す
  3. 人に見てもらう
  4. 良い道具と良い環境(上達の近道)
  5. モノマネから入る(独自性は不要)
  6. 人に教える(教えると学ぶ)

 

これを実際に行っていけば解決!となるのですがいくつかの注意点があるな、と思います。

FXで無駄な努力をしない

FXでの無駄な努力とはなんでしょうか?

私が思うに、それら無駄なことについても勉強会で教わることができます。

異論はあるかと存じますが、改めてFX勉強会で推奨されてない努力を簡単に列挙してみます。

ファンダメンタル分析

これを使って勝った!という話を聞くこともありますが、常に勝てる方向が分かる、というものではないため、勝ち続けるといいう視点ではちょっと当てにできません。

メンタルコントロール

トレードの時の自分を客観視して一時的な逆行しても強いメンタルで耐える…。一見すると正しそうですが、勝つための努力としての方向性ではないです。確かに動揺してしまっているとトレードでの失敗は大きくなることも多くなるかもしれないですが、投資で勝つうえでの努力としての優先順位としては低いものでしょう。

Amazonや書店でFXの本を買ってとにかく読みまくる!

これは私がやってうまくいかなかったことです。当然うまくいく人もいるでしょうが、ことFXに関しては本から学んだ内容で勝ち続けることができるようになることという本は聞いたことがありません。もしあったら教えて欲しいです。読んでみたいので。

FXで勝てるようになる正しい努力

では、FXでの正しい努力とはどんなものでしょうか?これはYoutubeやブログなどで先生や他の先輩たちがシェアしている内容の「手法の理解」「ケーススタディの実践」です。このことを継続することができるかどうか、がFXでずっと勝てるようになるかどうかを左右することになります。

私自身がFXで勝ち始められたな、と感じる努力のスキル

それでは、話を戻して私のFXで感じた経験を前掲の「努力の継続する方法」に合わせて記載します。

1.大きなFXトレードの目標などは持たず小さく細かく近く、目の前のチャートで20pips以上の結果を出す。

目の前のFXトレードで勝てるようになる手法を知ってまずは目の前の20pipsを取れるようになること。
これはFX勉強会の2019年忘年会で出ていた話です。

来年の抱負は?

と聞かれたときに

「年間いくつpips取る!」

などと答えた時の答え合わせ(?)で

「残念!あなたは来年うまくいきませんー」

といった意味のことを言われたことから学んでいます。

ここで大切なことは、大きな目標を立てることではなく、「目の前のトレードで勝てるようになること」。これが大切だ、ということ。

逆説的ですがトレードする上で欲をかいているとうまくできない、ということです。

2.まず始めてみて、好きなことだけ残す(→始めてみないとわからない)

Youtubeやブログ、勉強会であれば週間動画解説などを見て、メモを取ったりしながら、デモトレードもしていき、自分の中でしっくりしないことについてはトレードノートに書いていく。そうすることで自然と反復練習がされていき、蓄積されたものから考えることや理解できることができていきます。

3.人に見てもらう(→アウトプットする)

動画やブログで学んだことを自分なりに実践して、勉強会であれば勉強会のサイトや座談会の発表を通して自分のトレードや相場の見方を説明して聞いてもらいます。すると自分では思わなかった視点が得られたり、自分の考え方を自分に改めて教えることができます。

4.良い道具と良い環境(上達の近道)

FX勉強会の(あるいは他の勝てている人がいればその人の)Youtubeで皆が勝てている手法がこれにあたります。

FX勉強会参加者は、これに加えて惜しみなく教えてくれる勉強会参加者の先輩たちが加わります。

5.モノマネから入る(独自性は不要)

とにかくよくわからないながらも動画やブログで学んだ通りに環境認識とデモトレード、CSなどを行い、記録を残していくことです。するとある時、少しずつ蓄積したチャート分析で次に起きることが予測できることがあります。アレンジは一切不要です。

6.人に教える(教えると学ぶ)

これもFX勉強会では座談会中に、他の勉強会参加者から質問を受けることがあります。答えられる内容であれば、答えていく中で、自分の中で不足している点などに気づくことも多いです。

FX勉強会の学習の成果。トレード紹介

最後に勉強してできるようになったトレードを紹介します。具体的にはケーススタディを繰り返した結果できるようになった、MTF分析でのトレードになります。わかりやすく説明するために5分足から説明します。

もしよろしければ皆さんも実際にMT4を使って確認してみてください。

FXトレードで26pips勝った実際のケーススタディ

2020年5月29日のトレードになります。5分足で下記の場所でエントリー。

f:id:ikumick:20200611193910p:plain

FXトレード:買いで+26pips 2020年5月29日 5分足

この一見すると下落が続いていた相場でなぜ買えたのか。それは1時間足の視点で見るとわかります。

f:id:ikumick:20200611194616p:plain

5月22日から続いていた上昇にあてたフィボナッチリトレースメントの32.8%であり、山が三つ。さらに200MAによる反発も想定できるところです。

f:id:ikumick:20200611194922p:plain

2020年5月29日 4時間足

さらに4時間足に目をやると、下落が終わり、上昇に転換して買い目線になっているところでした。

かつての自分であれば、到底気づけなかったであろう買いのタイミングを掴めるようになっていました。