FXにおいてデモトレードをどれだけ真剣に本気でやったかで差がつく!

f:id:huku1015:20200703223546j:plain

前提、デモトレードってやる意味あるの?という方は、命の危険性がある格闘技で練習もせずにプロに戦いを挑むことと同じだと思って下さい。

命の次に大切なお金が一瞬でなくなる可能性があるところで初心者の人が平常心をもって練習なんてできるはずがなく相場から追い出されます。

今回は、私の失敗談を中心にどのような観点をもって取り組んだほうが良いかご紹介致します。

デモトレードで下記のような考え方があったこともあり、最初はリアルトレードで苦労していたので同じ体験をしていただかないためにも参考にしていただければ幸いです。

FXのデモトレードでは利益を取ることを目的としてトレードをしない

勉強会で学んでいる手法は覚えて使ってみるだけでも勝てることが多くある素晴らしい手法です。

私も学んだ次の日には20pips程度の利益が取れました。

かなり興奮したことを今でも覚えています。

しかし、利益が簡単にとれたことでデモトレードは勉強することが目的にも拘わらず利益を取ることが目的になってしまいました。

そうなってしまうと、「ここも勝てそう」「ここは上がるだろう」など目先の欲で頭の中が一杯になり毎日強引にトレードしたり、インジケーターの値だけ見てエントリーしたり、と本質が見えなくなってきます。

学んだ手法を基に値動きの意味を自分の頭で考えて試してみることが主であれば回数は論点ではないのですが、”心の奥底”は勝ちたいが主で回数が多くなっている方がいたら危険です。

たまたま勝ててしまっているとかなり危険です(私でした)。

デモトレードは、何度も勝ち負けを繰り返し利益を獲得する場ではなく、手法を活用して値動きの意味を理解し安心安全に勝てる考え方を学び実践し反省する場です。

よく考えずの「デモトレードだし挑戦してみよう」のエントリーは危険信号

皆さん、必ず1度はあるんじゃないでしょうか。

デモトレードだし、自信はないけど試しにやってみよう!

利益が取れたら「よっしゃー!」で終わり。

負けたら「まぁ、挑戦だったししょうがないか。次は気をつけよ☆」と終わる。

僕は、よく枕詞にこのセリフを心のどこかにいつも持っていました。

この僕と同じ気持ちがある方は、たとえデモトレードを卒業できても僕みたく一度リアルトレードで死にます。

理由は簡単で、この枕詞を使っている時点で自分の頭でしっかり考えて覚悟をもってトレードしていないからです。

「つもり」で終わっています。

しっかり考えている方は、「●●」という理由があるからトレードしてみようとなり、負けた時は「●●」はどう違ったのか振返りをしており、「デモトレードだから」なんて枕詞はどこにもありません。

エントリー後大きく値動きが逆行した際、たまたま戻ってきて勝てたトレードを勝ちにしてしまっている

これもデモトレードあるあるだと思っています。

先生の教え通り、最初の頃はどれだけエントリーポイントから離れた場所でも値動きを勉強するために損切りは直近安値に置きます。

そうすると運よく負けずに勝てることが多々あります。

ここで勝ち負けではなくトレードが間違っていたことを反省できる方は素晴らしいと思うのですが、昔の私のような目先の勝ち負けに一喜一憂してしまう人は恐らく勝てたことに安心し、負けた時ほどの反省をしないことが多いのではないでしょうか。

これが最初の段階で良くないと気付ければよいのですが、早くリアルトレードで取引したい!とにかく勝てばよい!みたいな甘い考えが少しでもあると心の底から理解できずにまた繰り返します。

このままたまたま勝ち続けリアルトレードに行くと、本質を理解し改善できていないのでリアルなお金で大損を保有し続け心臓がバクバクで夜もゆっくり眠れない状況に遭遇してしまいます。

勝っても長い間損失を保有するトレードは間違っていると認めしっかり反省する、究極は勝ちにカウントしないなど工夫してみるのも良いかもしれません。

基本は1回エントリーしたら間違っていても追加エントリーはしない

1度エントリーしたあとに、「エントリーが早すぎた」「逆行したためナンピン」という理由で何度も追加でエントリーしてしまうことがあります。

私も合計の利益がプラスになっていれば最初のエントリーは「ドンマイ!次気をつけよ☆」と今考えるとあり得ない学び方をしていました。

決して追加エントリーが悪いということではないのですが、最初の頃は1回のエントリーに責任を持ち、違ったら反省をすればよいと思っています。

何度もエントリーをしていると結果的に自分のどこが悪かったのかボヤけてしまうので追加のエントリーはお勧めできません。

また、この癖がつくとリアルトレードでも同じことをやらかし私のように大損する経験をしてしまうこともありますのでご注意ください。

先生のFX週間解説動画や座談会を活用してエントリー方法の答え合わせを

エントリーの良し悪しは、決して独学でわかることはできません。

先生の解説や勉強会メンバーで勝てている方に教えて頂ける座談会で、自分だけとんちんかんなことをやっているなと気づくことができます。

気づけたときは、勝てているトレードでも負けた時の気持ちで反省することを強くお勧めします。

デモトレードを始めた段階からこの考え方を持つだけでだいぶ成長角度も違うと思います。

私自身、わかっていた「つもり」で実際は上記のような過ちをしていたので、自分も「つもり」かもなと思われた方はすぐに直していくことをお勧めします。

私も自分に甘くなることがあるので日々気を付けていきます。