FXで勝てるための戦略はコレだ!

f:id:norihiro33:20200622060216p:plain先月6月序盤のポンド円相場は上に行くのか?下に行くのか?この先の値動きを予測しづらいところでした。

なぜかというと4月から継続しているレンジのような相場環境の中でしたから。

f:id:norihiro33:20200621154704p:plain4hチャートを見ているだけではこれからの値動きを予測しづらい、というか無理に近いのですがこのチャートより大きい時間軸(日足)、小さい時間軸(1h)を見ていくとトレードの方向性が掴めてきます。

日足、1hのチャートを見ていくとどのような相場観が養われていきどのようなチャート分析ができるようになり、どの方向に(買い、売り)トレードできるようになるのか?

その遷移を説明していくとこのようになります。

この思考がFXで勝つためには大切

f:id:norihiro33:20200621160844p:plain6月1日時のポンド円日足チャートです。

勢いよく下降して戻して来たところ、FR38.2%を上抜けてきました。

このチャートをもっと細かく見てみましょう。

f:id:norihiro33:20200621161315p:plain一回目、陽線の長い上髭がFR38.2%で抑えられているのがわかります、その後FR38.2%を上抜けますが今度は下値を支えられるようにFR38.2%が意識されているのがわかります。

その後も上下でFR38.2%が意識されているのがわかります。

これだけFR(フィボナッチリトレース)が意識されている、ということは今後ここから上昇していくとしたら次に意識されるのはFR61.8というのがわかります。

f:id:norihiro33:20200621162013p:plain

f:id:norihiro33:20200621162226p:plain4hチャートで見た日足FR61.8%。

ここで目線を固定する

f:id:norihiro33:20200622052437p:plain次に1hチャートを見ていきましょう。

下降トレンドでしたが勢いのある戻しが発生しました。

ここから下降トレンドが終了してレンジの動きになっていくのか?あるいは一気に上昇トレンドに切り替わるのか?と2つのシナリオを立てることができます。

そしてこの値動きを見たら「これは上に行くな」と確信して目線を固定します。

f:id:norihiro33:20200622053419p:plain直近の値動きの中で上値を抑えらえていたラインを上抜けてきました。

この動きを見たら買いでのエントリーチャンスを掴みたいですね。

5mチャートでエントリータイミングを計ります。

再現性があるエントリータイミングを掴む方法

f:id:norihiro33:20200622054426p:plain5mチャートを見ると直前の上昇の勢いがすごいですね。
この動きを見たらどこかですぐ買いをしたくなりますが戻しの勢いも強いです。

どのようにしてエントリーチャンスを掴めばいいのか?ここにトレンドラインを引きます。

f:id:norihiro33:20200622055854p:plainトレンドラインに支えられて下に抜けていかず、トレンドラインで上に行くところで買いです。