【FX学習法】FXで勝てないことが続く方がスランプから抜け出す取組み

f:id:huku1015:20200803234055j:plain

勉強会メンバーのnoriさんが先日下記の動画をあげられていました。

www.fxstudy.net

今悩んでいる方、そうでない方にも非常に参考になる動画だと感じました。

今回は、私がデモトレードで資金2倍を達成した後にリアルトレードで口座破綻をした後にどのように学習をし復活してきたかをご紹介出来たらと思います。

なかなか勝てない、もしくは調子を崩している人がいたら参考にしていただけたらと思います。

前提、今のFXへの取組みが間違っていると認める

勉強の段階によって変わってきますが、「勝てない=自分が悪い」です。

月に1、2回たまに負けちゃうくらいならわかりますが、勝率が良くない、月収支マイナスであれば今すぐに今の考え方を一回リセットした方が良いです。

そもそも勝てる手法を知らない、知ってはいるが学習の過程で誤った理解、重要な内容を理解していないなど、現在の知識に問題があることは明白だからです。

私もクヨクヨしてしまう期間はありましたが、「事実」を確認しそれに対して打ち手を考えることの方が大切だと今では思っています。 

先生のFX勉強動画を「0」の状態から見直す

勉強を始めたばかりの頃に戻った気持ちで自分の解釈を入れずに基礎から学習し直します。

YouTube動画には、無料ではもったいないくらいの貴重な学習教材が揃っています。

www.youtube.com

もう覚えているよと思う方もいると思いますが、負けている時に勉強すると必ず抜けていた観点に気づきます。

よくありがちなのが、フィボナッチの当て方(波の途中で使わない)やフィボナッチの使い方(インジケーターのみでエントリー判断しない)などがあります。

私がここで学びなおしたことは、手法の使い方よりも「武器を使ってどのように戦うか」という相場への向き合い方です。

イメージでお話してしまうと、槍をもって動物を追いかけるのではなく(ポジポジ病、目先の値動きに振り回される)、動物が狙った間合いに来るまでひたすら待ちここぞという時に槍を振るう感じです。

ここでいう間合いは、勉強会でいうと様々な考え方やルールになります。

今までトレードした全てのエントリーを総振返り

動画等でのインプットも大切ですが、自身の振返りも大切だと思っています。

先生の解説を参考に、過去のエントリーがどのような観点は正しくて、正しくないかを整理していきます。

勝てているエントリーもたまたまだったらしっかり反省していくことをお勧めします。

先生は、値動きの意味も考慮して細かいエントリータイミングまでしっかり教えてくださっているので「なぜここでエントリー」かを理解しながら行っていきます。

負けトレード、勝ち方が悪いトレードの特徴をまとめる

私の場合は、一部ですが下記のような点がありました。

・上位足に基づいて目線が固定出来ていなく目先の値動きに左右されて流れに逆らったエントリーをしてしまう。

・ローソク足の値動きの意味を考えず、インジケーターだけでエントリーし上昇(下降)の勢いが強いのに逆張りをしてしまう。

・1週間でエントリーが出来ていない焦りから根拠もないのにエントリーをしている(やばい)。

・負けた時に取り返そうとロットをかなり上げて投げやりエントリー(これで口座破綻)。

正直、冷静に分析すると私利私欲のために自分がバカなやり方をやっていたことに気づきます。

そして、習ったことを正しく行っているときは勝てているのです。

これに気づくと無駄に悩んだり、自分は出来ないなどと落ち込んだりすることもなくなります。

自身の特徴がわかったら練習から徹底的に自分の身体に叩き込んでいきます。

染み付いた悪い習慣はすぐには抜けません・・・ので根気強く取り組んでいきます。

実際のエントリーでもトレード回数よりも内容に注力することを誓う

最近は、ここにとても注力しています。

どうしても「勝ちたい・たくさん利益を取りたい」を目的にしてしまうとルールを無視したその場の勢いのエントリーをしてしまう自分がいます。

これは過去の多くの過ちから確定しています(笑)

そのため今は、

「将来過去チャートで今の相場を分析したときにエントリーしたいと思う動きならエントリーする」

ということを念頭においてチャートを見ています。

これによりぐちゃぐちゃした相場やシナリオが立てづらい相場ではエントリーしなくなりました。

しかし、自分の相場を見る力がそもそも足りなくてエントリー出来ないことも多々あるので今でも勉強中です。

今月からは座談会にも積極的に参加し、いろんな方から多くのことを学んでいきたいと思っています。