FXエントリー前に決まっている勝てる視点

f:id:ikumick:20200921225139p:plain

エントリーポイントはFXの中で最も大切なところです。

エントリーポイントが間違っていることで損失が生まれますし、ズレた相場認識によってエントリーしてしまうと利益がでるまで含み損を多く抱えたり、長時間の保有を余儀なくされてチャートから目を離せなくなってしまう…。そんな経験ありませんか?

FXで毎日勉強を続けていても、経験したことがない、あるいは重要な要素を忘れていたりすると、チャートを理解することができず、わからない状態になります。

勝てているFXトレーダーは持っている視点とは何か

それでは勝てているトレーダーが持つべき視点とは何なのでしょうか。

それは相場がわかるところしかトレードを決してしない、ということです。

もちろん相場をすべてわかることは難しいです。わかるところで入ることが大切です。

つまりわからない状態もあるのだけれど、世界中にいるトレーダーが注目しているだろうという視点を見つけてそこに対してエントリーを待ち構えられるか、がFXの勝敗を分けるところになるかと思います。

ところが私たちはチャートを眺めていてもわからない状態になると、時としてパッと動いていく方向に乗ってしまいそうになります。

もし乗ってしまった時は寧ろ負けてしまうほうが良いです。

下手に勝ってしまうと大きな問題になります。エントリーが相場の分析の結果の待ち受けてするものではなく、動いて欲しい方向に祈るようなギャンブルになってしまうからです。

わからないなら手を出さない。分かるために普段からケーススタディを繰り返して、持っていなかった視点を得るようにすることが大切です。

勝ててるFXトレーダーが持っているチャート認識

それでは勝てているトレーダーが持っているチャート認識はどういうものなのでしょう?勝てているトレーダーが持っているのは繰り返しになりますが、世界中のトレーダーが持っている認識が分かって行動できる、ということになります。このブログを書いている私自身もまだまだ勉強中ですが勉強会で習う手法、そしてこれまでのトレードで身に着けた認識、ケーススタディをした結果、得られた相場の認識、そして座談会などで得た知識を元にできたチャートの認識を元に分かる場所でエントリーを行うことによって勝つことができやすくなります。

FXで勝つためのチャート認識に必要な視点

それでは勝つために必要な認識をいくつか列挙することでケーススタディや実際の相場で考える視点を共有することができたら、と思います。

必要な視点その1:時間足ごとの視点を保持してチャートを見る

時間足ごとにトレーダーは存在しています。それぞれの場所でトレードを試みる人たちがいることを考えればそれぞれの時間足で世界中の人たちが着目すべきポイントはどこかを考える必要があります。

必要な視点その2:壁になる、あるいはもみ合いになりそうな場所を考えておく

相場では壁として機能する価格帯、というものが存在します。過去の高値、安値や何度も試されたところなどを確認しておいてトレードをすることも大切です。

必要な視点その3:チャート内での直近の勢いに目を配る

チャートでは買い手、売り手それぞれが戦っていると考えられますが、一方的に価格が動いた後、その方向への力が強く働く傾向があります(例えば売られた場合は売りが強くなります)。そのことを理解した上で、節目での動きを考えていく必要があります。

色々な努力をした上でもわからない場合は

わからない、ということがわかったら、その上でトレードしないことが大切です!

自分の相場認識が未熟でわからない、ということもありえますが、負けなければわかるチャンスで利益を出すこともできます。勉強会であればわからなかった相場もわかるようになっていけます。ケーススタディで同じような相場を研究して、次から入れるように成長していきましょう。