【FX手法】簡単!エントリーポイントは証拠が出るまで待てば良い!

f:id:huku1015:20200927213506j:plain

相場は、専業トレーダーの方ですら「わからない」と思う相場があります。

ましてや勉強中の私たちにとっては、「わからない」相場がないはずがありません。

しかし、負けているときほどわからない相場で無理やり理由をこじつけてエントリーしたりインジケーターを正しくない方法で使ったりして負けていきます。

今回は、こんな感じでわかりやすい動きが出たらエントリーを狙えば良いというトレードもあわせて紹介していきます。

相場の動きがわからないことは悪いことではないが、何も考えずに様子を見るだけはNG

毎朝相場のシナリオを立てていますが、自信があるぞ!というシナリオが毎回立てられるわけはなく自信がない時も多いにあります。

また、シナリオはあくまでもシナリオであって予想でしかありませんので過信も出来ません。

朝はわからないと思っていても出来上がっていくチャートの中でわかりやすい動きになることもあります。

なので、相場がわからない=相場を見ない、無視することを学習中からやってしまうと学びがなくなってしまいます。

チャートをガン見するのは時間の無駄なので隙間時間で見てみて、「●●になったらわかりやすくなるのに」などあれこれ考えることも勉強になると思っています。

チャートで証拠が出たら必ず戻しを待ってエントリーを待つ

実際に私がエントリーしたところをもとにどのように考えエントリーしていたかをご紹介します。

この日の朝方は個人的にはよくわからないから始まった日でした。

4h

f:id:huku1015:20200927213552j:plain

直近は、強めの下降で下げてきています。

日足FR50で下げ止まっているものの下降の勢いも無視できないよな…という感じでした。

下降のトレンドラインも引けそうで下げもあるのか?と思っていました。 

1h

f:id:huku1015:20200927213610j:plain

日足FR50付近で下げが弱まっている感じがします。

さらに直近は、直前の高値を上抜ける上昇もありました。

しかし、まだ自分の中では直近の強めに下げたところを上抜けられていないしもしかしたら下げるかもな・・・と売り目線をなくすことができていませんでした。

5m

f:id:huku1015:20200927213645j:plain

上昇後、少し強めに下げてきたところから一日が始まりました。

高値からいつものエリオットで戻して下げ止まることを望んでいましたが、最初の下げが思ったよりも大きいことから可能性としては低そうだなと考えていました。

上位足の下降の勢いが頭から離れずだらだら下げていくことも想定されわからないので「様子見」を最初は選択しました。

エントリーポイント

様子を見ていたら上昇FR61.8付近から勢いよく上昇してきました。

直前の高値も上抜けてきました。

ここで「お!今までの動きは、上昇の戻しでこのまま上げていくかもしれない」と明確になってきました。

しかし、すぐにエントリーするのは危険です。

もしかしたら勢いよく下げていく可能性もあるからです。

そこから戻しで下げないことをしっかり確認して買いをします。

利確は、上げた途中からなので欲張らず20pips程度で終えます。

相場において根っこから利益を取ろうとしなくても勝てる

根っこから完璧に利益を取ろうとすると難易度が上がります。

もちろん根っこから入りやすい相場もありますので一概には言えませんが、今回のように「上に行くよ」という証拠を待ってからでも遅くはありません。

むしろヒントをくれた後なので難易度は下がります。

なかなか勝てなくて悩んでいる方などは、とことん証拠が出るまで待ってみることも1つの戦い方かもしれません。