FXで勝てるようになる!フィボナッチ最大限の活かし方

書いている人:

FXでお金持ちになるためには当然ながらトレードで勝てるようにならないといけませんね。

勝つためにはどのようなところでトレードすればいいのか?そのためにトレード前には必ずチャート分析をする必要があります。

チャート分析ってどうやってすればいいのか?そんな時に役に立つツールが「フィボナッチ」です。

デフォルトでMT4に入っていますので誰でも使う事が出来ます。

チャート分析をする時は特殊なインジケーターなど使う必要など全くなくて誰でも簡単に使う事が出来るツールで行っていきます。

僕が所属しているFX勉強会でのチャート分析は主に4時間、1時間、5分とチャートを見ていきます。

まずは4時間チャートから見て行きましょう。

フィボナッチで今はどんなところにいるのか?を考える

まずはフィボナッチエクスパンションを使ってみる

このチャートは2020年1月のポンド円4時間チャートです。

勢いのある上昇が目立ちますが勢いのある下げも気になりますね。

上昇している時になんでこういう下げ方をして来たんだろう?ここからもう下降していくのか?そんな風に考え込んでしまう時はフィボナッチエクスパンションを使いましょう。

エクスパンションを使うとチャート上で3つの事がわかるようになるんです。

FX勉強会の先生のブログでも書かれていますがどのような事がわかるようになるのか再度説明します。

  1. 決済(利確)ポイント
  2. エントリーポイント
  3. エントリーしてはいけないポイント

この2020年1月ポンド円4時間チャートを分析するにあたっては特に3つ目の「エントリーしてはいけないポイント」というのが重要になってきます。

ではこのチャート上で実際にエクスパンションを使ってみます。

チャートを縮小して根っこの山にエクスパンションを当てるとFE261.8%を上抜けています。

「エントリーしてはいけないポイント」をはるかに通り越して上昇していたんですね。

そしてもう一段階チャートを縮小するとわかる事があります。

相場には「勢いよく下降(上昇)したところでは再度下降(上昇)していく」という性質があります。

この下げがなぜ発生したのか?がエクスパンションと相場の性質により納得出来ますね。

次はフィボナッチリトレースメントを使う

トレードの基本は「上昇トレンドならば戻してきたところで買う」「下降トレンドならば戻してきたところで売る」が王道の考え方でありこの相場は上昇トレンドなのですがもう上に行き過ぎたところ、というのがエクスパンションを使って分かり相場の性質上、下がりやすいところで下げて来たところです。

なのでここからまだ下げて行く事も考えられます。

売るときは戻して来た時がトレードの基本なので戻しを待ちます。

何処まで戻して来たら売りを考えていいのか?それを計るためにフィボナッチリトレースメントを使います。

下げに対しての38.2%もしくは61.8%まで戻して来たら再度下げて行く傾向があります。

現在値を見ると38.2%付近まで戻してきたところですね。

売るには良い水準まで戻してきたところです。

ここから1時間チャートを見てもっと細かくチャート分析をしていきます。

フィボナッチは使えないが相場の性質を利用する

4時間チャートの▢で囲っている部分を1時間チャートで表すとこのようなチャートになります。

4時間FR38.2%付近からの勢いのある下げが目立ちますね。

そこから戻して来ているところです。

何処まで上昇してるのかを計るために根っこの山にエクスパンションを当ててみます。

FE161.8%まで余地がありますね。

ここからまだ上昇していくのかな?と考える事も出来ますが今の現在値は前に勢いよく下げたところまで上昇してきたところ、なのでここから下がって行くシナリオも考える事が出来ます。

すこし先にチャートを進めると上昇が止まったかな?という値動きになります。

前に勢いよく下降したところで3回上昇を止められている値動きになりました。

「3度目の正直」という言葉があるように相場も3回止められると下に行く、上に行くという性質があります。

4時間チャートと1時間チャートを分析して「ここから下げて行く」根拠が揃ったところで5分チャート見ていきます。

フィボナッチをエントリー根拠に使う

1時間チャートの▢の部分を5分チャートで見たところです。

FE161.8%を上抜けて上昇してます。

もう「エントリーしてはいけないポイント」ですね。

このエクスパンションは最大限に縮小したチャートの根っこの山に当てました。

FE161.8%が髭先でピッタリと効いているのがわかります。

ということはこの先どこでレートが反応するのか大体予測がつきませんか?こういうチャートになります。

FE261.8%近くから勢いよく下がりました。

3回止められている形になっているので勢いよく下げている途中でエントリーしても良いですね。

下がったことを確認して戻してきたところでの売りもありです。

こっちのトレードの方がFXの王道トレードですね。

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓