FXは順張りで値動きの押し目を狙うだけ!しかも、根っこで入れなくても問題なし!FX初心者でも心の準備をしながらエントリー可能!

書いている人:

私がFXを始めたばかりの時によく思っていたことがあります。

「押し目ってどこだよ…下げ止まるの待っていたら気づいたときには上げちゃったよ…」

この考えって色々間違っていることが今だとわかりますが、

1つ言えるとしたら「根っこでエントリー=正解」だと勘違いしちゃっています。

今日は、根っこで入れなくても安心安全に順張り出来る方法をご紹介します。

結構今から紹介するパターンは遭遇するのでぜひ試してみてください。

フィボナッチリトレースメントの特徴を活用していく

皆さんご存じのフィボナッチリトレースメントです。

勉強会内では、「FR38.2」と「FR61.8」に重きを置いております。

数値付近で値動きの戻しが止まりやすいという特徴があります。

FR61.8が最後の砦的な感じもあります。

つまり、FR61.8を抜けてくると押し目よりも逆方向の値動きが強いということになります。

いつもだったらFR61.8まで戻って止まったら順張りだ!と使っていたものをちょっと違う使い方をしていきます。

フィボナッチリトレースメント61.8を使って安心安全に順張りをマスター!

それでは、実際に2018年1月22日の相場を使ってご説明していきます。

ぜひ最近の相場で試してください。

■4h

・全体的には上昇相場。

・直近の大きな横ばい相場の高値も上抜けてきました。

・こんなところで売りはないですね。

■1h

・安値から上昇エリオットの流れで上昇してきました。

・上昇エリオット4波も1波高値付近でとても綺麗な上昇です。

→しかし、5m足だとだらだら下げてきていて買いづらいのです…

【根っこで入れなくても大丈夫!!!ここでフィボナッチリトレースメント!!!】

・直近下降にフィボナッチリトレースメントを当てます。

→どういう意味かというと、根っこから上げてしまった先ではもしかしたら直近下降の押し目として上げ止って下げてしまう可能性があるのです。よくある上げた先っぽで悔しくて無理やり買って逆行していくパターンです。FR61.8まではその可能性があるので根っこで入れなかったら手を出しません。

・最後の砦であるFR61.8付近までテレビを見ながら様子見。

・FR61.8付近で値動きが停滞しています。抜けるかどうかをテレビを消して確認。

・陽線でFR61.8を上抜けてきました。

→つまり、ここからは前回高値付近までは上昇を遮る障害はなくなりました。

・あとは、5m足でエントリータイミングを見ていきます。

★注意★

陽線上抜けですぐ買うのは禁止です!!!

基本は、証拠がでたら5mでしっかり戻しを待って下げ止まってからにしましょう。

絶対はFXにはないのでもしかしたら急下降していくかもしれませんよね。

■5m

・1hFR61.8付近の動きを見ると小さな下降エリオットで下げています。

→この動きからも下降の勢いがいかに小さくて弱いかがわかります。

・そこからもう1回波を付けて上げていきます。

・一瞬停滞したように見えますが、ついに急上昇で上抜けました。

・すぐには買わずしっかり下げ止まったことを確認して買っていきます。

「頭と尻尾はくれてやれ」はFX初心者ほど大切な心構え

いかがでしたでしょうか。

私もそうでしたが、最初の頃は根っこで入れなかったり、急な動きの最初を掴めないと非常に悔しい思いをして無理やり変なことをやろうとしてしまいます。

そんなことをしなくても、証拠をゆっくり確認して中間を少しだけ頂いて感謝すれば良いのです。

これを心の底から納得できると相場を見ていてもソワソワしたりポジポジ病が発症したりすることがなくなります。

根っこから爆益を上げている人がいても自分は自分と思えてくるようになります。

試行錯誤することも多いですが、1つずつ出来ることを増やせるよに一緒に頑張っていきましょう!

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓